昭和天皇 最後の侍従日記(文春新書) [新書]
    • 昭和天皇 最後の侍従日記(文春新書) [新書]

    • ¥1,01231ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003117872

昭和天皇 最後の侍従日記(文春新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥1,012(税込)
ポイント:31ポイント(3%還元)(¥31相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2019/04/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

昭和天皇 最後の侍従日記(文春新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    昭和天皇に十五年間にわたり仕え、その後は香淳皇后に仕えた侍従が遺した二十七冊の日記には、晩年まで戦争責任について気にしていた昭和天皇の苦悩、昭和から平成へ代替わりする際の宮中の様子や儀式の詳細が記されていた。日記を発見した共同通信取材班による解説と、半藤一利氏と保阪正康氏の対談を収録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 昭和49年~51年 昭和天皇の涙
    第2章 昭和52年~56年 皇后の体調不安
    第3章 昭和57年~60年 寛仁親王皇籍離脱騒動
    第4章 昭和61年~63年 戦争責任への言及
    第5章 昭和64年~平成12年 昭和の終焉、平成へ
    解説対談 小林忍日記を読む(半藤一利、保阪正康)
  • 出版社からのコメント

    昭和天皇は「細く長く生きても仕方がない」と漏らしていた。昨年発見された侍従日記を半藤一利氏と保阪正康氏の解説対談付きで収録。
  • 内容紹介

    戦争責任言われ「つらい」――崩御の2年前、昭和天皇はそう侍従に漏らしていた。
    2018年8月に共同通信が故小林忍侍従の日記の存在をスクープして話題になった。
    昭和天皇を身近で支え、平成への代替わりも見届けた小林氏の日記には、昭和49年から平成12年まで27年間の宮中生活が綴られており、昭和天皇が晩年まで戦争の影を引きずり苦悩する姿や、昭和の終焉に至る状況、宮中から見た代替わりの儀式の様子が詳しく記されていた。
    『昭和天皇実録』刊行後に見つかった日記の全容を初めて公開する。
    巻末に半藤一利氏と保阪正康氏による解説対談を収録。

    第1章 昭和49年~51年 昭和天皇の涙
    第2章 昭和52年~56年 皇后の体調不安
    第3章 昭和57年~60年 寛仁親王皇籍離脱騒動
    第4章 昭和61年~63年 戦争責任への言及
    第5章 昭和64年~平成12年 昭和の終焉、平成へ
    解説対談 小林忍日記を読む 半藤一利、保阪正康
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小林 忍(コバヤシ シノブ)
    大正12年4月28日、静岡県吉原市(現富士市)出身。旧制姫路高校時代の太平洋戦争中、召集され、陸軍航空部隊で基地間の通信などを担い終戦を迎えた。京都大学法学部政治学科で学び、同大大学院を経て昭和24年4月に人事院に入った。内閣に設けられた憲法調査会の事務局などを経て昭和49年4月に宮内庁入りし、昭和天皇の侍従になった。昭和天皇の死去後の一時、現天皇陛下の侍従を務めた後、香淳皇后の側近として仕え、香淳皇后死去翌年の平成13年6月まで皇太后宮職御用掛を務めた。平成18年7月3日に83歳で病死した

昭和天皇 最後の侍従日記(文春新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:小林 忍(著)/共同通信取材班(著)
発行年月日:2019/04/20
ISBN-10:4166612115
ISBN-13:9784166612116
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:348ページ
縦:18cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 昭和天皇 最後の侍従日記(文春新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!