日本の文化財-守り、伝えていくための理念と実践 [単行本]
    • 日本の文化財-守り、伝えていくための理念と実践 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003118520

日本の文化財-守り、伝えていくための理念と実践 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:勉誠出版
販売開始日: 2019/03/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本の文化財-守り、伝えていくための理念と実践 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    文化財は過去から現在にまで伝えられた人類共通の文化遺産である。それらは、長い時間の流れの中で創造され、保護され、伝承されてきた。文化財を観光資源とする危うい時代状況に直面する今、文化財を未来に伝える仕事である修理という営みにおいてわれわれは何をなすべきなのか、何ができるのか―文化財をめぐる現代的課題を共に考え、共に歩むための道標を示す。
  • 目次

    はじめに―文化財は新しい文化を生み出す大切な資財―

    参考:文化財の構造と名称

    Ⅰ 文化財修理の思想
     第1章 文化財の保存と活用
     第2章 文化財修理の理念
     第3章 文化財修理の歴史
     第4章 文化財修理の心構えとあり方

    Ⅱ 文化財修理の実践
     第1章 修理技術者の証言―田畔徳一氏との対談―
     第2章 文化財修理の実践―損傷と修理方針―
     第3章 文化財修理の実例
     第4章 文化財修理の世界

    おわりに―文化財修理の未来―

    参考文献

    国宝修理装潢師連盟加入工房一覧

    伝統技術伝承者協会会員一覧
  • 出版社からのコメント

    過去、現在、そして未来へ―
  • 内容紹介

    2019年4月に施行となる文化財保護法の改変により、日本の文化財は「活用」されるものとして、その存在が強く認識されることとなった。
    しかし、これら文化財がいまここに存在する背景には、人びとによる「守り、残し、伝える」という営みがあることを忘れてはならない。
    文化財はいかなる理念と思いのなかで残されてきたのか、また、その実践はいかなるものであったのか。
    長年、文化財行政の最前線にあった著者の知見から、文化国家における文化財保護のあるべき姿を示す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池田 寿(イケダ ヒトシ)
    昭和32(1957)年生まれ。日本女子大学非常勤講師、元・文化庁文化財部美術学芸課主任文化財調査官。専門は日本中世史
  • 著者について

    池田寿 (イケダヒトシ)
    昭和32(1957)年生まれ。日本女子大学非常勤講師、元・文化庁文化財部美術学芸課主任文化財調査官。専門は日本中世史。
    著書に『日本の美術 第480号 書跡・典籍、古文書の修理』(至文堂、2006年)、『日本の美術 第503号 武人の書』(至文堂、2008年)、『紙の日本史―古典と絵巻物が伝える文化遺産』(勉誠出版、2017年)などがある。

日本の文化財-守り、伝えていくための理念と実践 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:勉誠出版
著者名:池田 寿(著)
発行年月日:2019/03/20
ISBN-10:4585200649
ISBN-13:9784585200642
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:総記
言語:日本語
ページ数:327ページ
縦:19cm
他の勉誠出版の書籍を探す

    勉誠出版 日本の文化財-守り、伝えていくための理念と実践 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!