〈新版〉荻原雲来と渡辺海旭-ドイツ・インド学と近代日本 [単行本]
    • 〈新版〉荻原雲来と渡辺海旭-ドイツ・インド学と近代日本 [単行本]

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月1日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003118601

〈新版〉荻原雲来と渡辺海旭-ドイツ・インド学と近代日本 [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月1日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:大法輪閣
販売開始日: 2019/03/26
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

〈新版〉荻原雲来と渡辺海旭-ドイツ・インド学と近代日本 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    明治時代、在家から僧となり、サンスクリット学、仏教学の世界的権威となった人がいる。荻原雲来と渡辺海旭である。この二人はドイツに留学して起居を共にし、ドイツの師が菩薩と呼んだほど刻苦精励した。本書は当時ドイツに留学した人びととこの二人のドイツ体験を追ったものである。
  • 目次

    【目次】
    はじめに
    プロフィール 荻原雲来
    プロフィール 渡辺海旭

    1 近代における原典研究の幕開け
    マックス・ミュラーと南条文雄、笠原研寿/アルブレヒト・ヴェーバー/マック
    ス・ミュラーの渡英/マックス・ミュラーの研究分野/インドに対するドイツ人
    とイギリス人の見方/マックス・ミュラーに対する評価/イギリスでの南条、笠原

    2 日本人からみたドイセン
       ドイセンの人となり/高楠順次郎/姉崎正治/木村泰賢

    3 オルデンベルクに出会った日本人
       ブッダの実在を論証したオルデンベルク/氏に出会った日本人/オルデンベルク・
       コレクション

    4 ロイマン門下の日本人
       留学生群像/荻原と渡辺/ロイマンの学問分野への影響

    5 近代における原始仏教学の導入
    ―阿含経典に光を当てた人びと―
    西洋のパーリ語研究/高楠順次郎/姉崎正治/荻原雲来/サンスクリット語原始経
    典の出現と渡辺海旭/木村泰賢/赤沼智善/語学としてのパーリ語/「阿含経』に
    光を当てた人びと/アビダルマ仏教学の受容

    6 洋行前の荻原雲来
    就学時代の師/就学時代の仲問/洋行二年前(1897年)/洋行前年(1898年)

    7 荻原雲来のドイツ
    出発/師ロイマン/シュトラースブルクの街/勉学開始/ロイマンの人となり/渡
    辺海旭/ベンドールとの出会い/姉崎来訪/学問の進展/万国東洋学会に参加/ド
    イツでの高い評価/留学の延長/ケンブリッジ大学訪問/シュヴアルツヴァルトで
    の避暑/渡辺海旭・スイスでの学会に参加/黒田真洞『大乗仏教大意』の独訳/学
    位授与式/欧州学会での壮挙

    8 荻原雲来の帰朝
    帰朝の途/浄土宗大学教授に就任/京都での報告会/京都大学での歓迎会

    9 荻原雲来の人と学問
       学問形成/帰朝後/出版/学風/学への信念/友情/余香

    10 渡辺海旭のドイツ
    シュトラースブルクの下宿/渡辺から見た師ロイマン/「普賢行願讃」研究に着手
    /洋行後の第一論文/中央アジア探検の開始/サンスクリット語原始経典の発見/
    街のカーニバル/第二回万国宗教史学会参加/シュトラースブルクのマリア祭/荻
    原雲来の帰朝/ベンドール教授の死/ドイツ満喫/マックス・ヴァレザーとの出会
    い/ヴァレザーと意気投合/修道院通い/サンスクリット断片類の比定/学位取得
    /大乗仏教研究の隆盛/本国からの送金打ち切り/リヒヤルト・ピッシェルの死/
    ヴィゴー・ファウスベルの死/中央アジア出土写本解読の渦中/非公開の大谷探検
    隊出土品/帰朝/諸家のみた渡辺海旭

    11 荻原、渡辺とローゼンベルク
    ロシアと日本の仏教界/アビダルマ研究のプロジェクト/来日から帰国へ/ロー
    ゼンペルクのみた日本/アビダルマ・プロジェクトのその後/むすび

    12 法隆寺・佐伯定胤と渡辺海旭
    ―伝統的仏典研究と原典研究―
    佐伯定胤の師佐伯旭雅/仏教史上における性相学/定胤の学問と弟子/法相宗か
    ら聖徳宗へ/人となり/渡辺海旭/伝統仏教学と海外留学者

    〈付論〉
    1 1899年の仏教界
    ―荻原雲来のドイツ出発―
    2 1900年の仏教界
    ―渡辺海旭のドイツ出発―
  • 出版社からのコメント

    明治時代、在家から僧となり、ドイツに留学しサンスクリット学、仏教学の世界的権威となった二人のドイツ体験を追ったものである。
  • 内容紹介

    明治時代、在家から僧となり、サンスクリット学、仏教学の世界的権威となった人がいる。荻原雲来と渡辺海旭である。この二人はドイツに留学して起居を共にし、ドイツの師が菩薩と呼んだほど刻苦精励した。本書は当時ドイツに留学した人びとと、この二人のドイツ体験を追ったものである。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西村 実則(ニシムラ ミノリ)
    1947年生まれ。大正大学大学院博士課程修了。現在、大正大学名誉教授、(公財)三康文化研究所研究員。博士(仏教学)
  • 著者について

    西村 実則 (ニシムラ ミノリ)
    1947年生まれ。大正大学大学院博士課程修了。
    現在、大正大学仏教学部教授 博士(仏教学)。
    著書、論文は『アビダルマ教学―倶舎論の煩悩論―』(法蔵館)、『ブッダの冠―仏・菩薩の持ち物〈考〉―』(大法輪閣)、『修行僧の持ち物の歴史』『仏教とサンスクリット』(山喜房佛書林)、「マーヤー夫人の死とブッダ」「大衆部の発祥地」「マトゥラー仏の起源と大衆部」「近代におけるサンスクリット文法書の出版」「『無量寿経』にみられる天女」など。

〈新版〉荻原雲来と渡辺海旭-ドイツ・インド学と近代日本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:大法輪閣
著者名:西村 実則(著)
発行年月日:2019/03/15
ISBN-10:4804682155
ISBN-13:9784804682150
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:仏教
言語:日本語
ページ数:388ページ
縦:19cm
他の大法輪閣の書籍を探す

    大法輪閣 〈新版〉荻原雲来と渡辺海旭-ドイツ・インド学と近代日本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!