11通の手紙 [単行本]
    • 11通の手紙 [単行本]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003120887

11通の手紙 [単行本]

価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2019/05/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

11通の手紙 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1989年6月4日、天安門。民主化を志した若者が儚く命を散らした。民主化運動のリーダーとして活躍し、獄中においてノーベル平和賞を受賞した劉暁波。劉暁波夫妻の友人であり劉暁波研究の第一人者が紡ぐ、渾身の創作書簡集。
  • 目次

    まえがき

    ある学生への手紙
    旧友への手紙
    ある新聞記者への手紙
    ある歌手への手紙
    ある弁護士への手紙
    ある老人への手紙
    ある母親への手紙
    若い兵士への手紙
    あるキリスト者への手紙
    ある詩人への手紙
    愛する君へ、最期の手紙

    あとがき

    解説
  • 内容紹介

    天安門事件から30年、劉暁波の言葉が蘇る

    1989年6月4日、中国の天安門広場で「その事件」は起こりました。

    民主化を求める群衆を威嚇するかのような戦車の隊列。巨大な戦車を前に、「轢き殺すなら轢き殺せ」と言わんばかりに一歩も引き下がろうとしなかった1人の若者。その衝撃の映像を記憶している方も多いと思います。

    本書は天安門事件で民主化運動のリーダーとして活躍し、獄中においてノーベル平和賞を受賞した劉暁波(りゅうぎょうは 1955-2017)の発言をモチーフにした、平和を訴えかける創作書簡集です。

    劉暁波夫妻の友人で劉暁波研究の第一人者・及川淳子氏(中央大学准教授・中国現代社会論)が、劉暁波の遺した発言や行動や実際の出来事を下敷きにして、劉暁波の想いを現代に蘇らせ、平和の大切さを問いかけます。

    本書は11通の書簡から成り、それぞれに、言論の自由や、表現の自由、良心の自由といったテーマが盛り込まれています。

    巻末には及川淳子氏のリアルなあとがきとともに、社会学者で民主化論の泰斗・笠原清志氏(跡見学園女子大学学長・立教大学名誉教授)による解説を収録し、「天安門事件とは何だったのか? 劉暁波とは何者だったのか?」という現代的問いを提示します。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    劉暁波の最愛の妻・劉霞さん(ベルリンに亡命中)から全てを託された及川淳子氏が、渾身の精神力と深い哀しみをペンに宿らせて紡ぎました。言葉のひとつひとつが心に刺さります。涙無しには書けない…そして編集できない…魂の一冊が出来上がりました。

    図書館選書
    2019年は天安門事件から30年の節目。本書は天安門事件で民主化運動のリーダーとして活躍し、獄中においてノーベル平和賞を受賞した劉暁波の発言や行動をモチーフにした、平和を訴えかける創作書簡集です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    及川 淳子(オイカワ ジュンコ)
    桜美林大学、慶應義塾大学卒業。日本大学大学院修了。博士(総合社会文化)。中央大学准教授。専門は現代中国社会

11通の手紙 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:及川 淳子(著)
発行年月日:2019/05/20
ISBN-10:4093886970
ISBN-13:9784093886970
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:62ページ
縦:22cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 11通の手紙 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!