生物学ものしり帖(角川新書) [新書]

販売休止中です

    • 生物学ものしり帖(角川新書) [新書]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
100000009003124669

生物学ものしり帖(角川新書) [新書]

価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2019/05/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

生物学ものしり帖(角川新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    生命、生物、進化、遺伝、病気、昆虫―構造主義生物学の視点で研究の最前線を見渡してきた著者が、暮らしの身近な話題から人類全体の壮大なテーマまでを闊達に語る。何が「わかっている」のか、何が「わかっていない」のか。両方とも「わからない」人でも楽しめる!読めばちょっと「ものしり」になれるオモシロ講義。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 生老病死
    2 オスとメスと何事と
    3 進化とは何か
    4 仕組みと構造
    5 生態系と多様性
    6 絶滅のなぞ
    7 昆虫礼讃
    8 食う食われる
  • 出版社からのコメント

    知ってびっくり。読んで楽しい! 人気の生物学者によるオモシロ講義
  • 内容紹介

    ゾウはがんにならない? ティラノサウルスとトリケラトプスは親戚だった!? ゴキブリは美味しい? 生命、生物、進化、遺伝、病気、昆虫――構造主義生物学の視点で研究の最前線を見渡してきた人気生物学者が、身近な話題から人類全体にかかわる壮大なテーマまでの、ちょっと「ものしり」になれる興味深い話を縦横無尽に展開。何が「わかっている」のか、何が「わかっていない」のか。両方とも「わからない」人でも楽しめる、肩ひじ張らない秀逸なエッセイ。

    1 生老病死
    2 オスとメスと何事と
    3 進化とは何か
    4 仕組みと構造
    5 生態系と多様性
    6 絶滅のなぞ
    7 昆虫礼讃
    8 食う食われる

    図書館選書
    ゾウはがんにならない? 無駄なセックスをするのは人間だけ? ちょっと「ものしり」になれる興味深い話を縦横無尽に展開。人気の生物学者による肩ひじ張らないオモシロ講義。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池田 清彦(イケダ キヨヒコ)
    1947年、東京生まれ。生物学者。早稲田大学名誉教授。構造主義生物学の立場から科学論・社会評論等の執筆も行う。カミキリムシの収集家としても知られる。著書多数
  • 著者について

    池田 清彦 (イケダ キヨヒコ)
    1947年生。生物学者。早稲田大学国際教養学部教授。構造主義生物学の立場から科学論、社会評論等の執筆も行う。カミキリムシの収集家としても知られる。『ほんとうの環境白書』『不思議な生き物』『オスは生きてるムダなのか』『生物にとって時間とは何か』『初歩から学ぶ生物学』『やがて消えゆく我が身なら』など著書多数。

生物学ものしり帖(角川新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:池田 清彦(著)
発行年月日:2019/05/10
ISBN-10:4040822676
ISBN-13:9784040822679
判型:新書
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:246ページ
縦:18cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 生物学ものしり帖(角川新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!