教える・学ぶ-教育に何ができるか(シリーズ・子どもの貧困<3>) [全集叢書]
    • 教える・学ぶ-教育に何ができるか(シリーズ・子どもの貧困<3>) [全集叢書]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月17日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003124764

教える・学ぶ-教育に何ができるか(シリーズ・子どもの貧困<3>) [全集叢書]

松本 伊智朗(編集代表)
価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月17日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:明石書店
販売開始日: 2019/04/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

教える・学ぶ-教育に何ができるか(シリーズ・子どもの貧困<3>) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    子どもの貧困の議論は、ここから始まる。子どもの貧困の再発見から10年。この10年間の政策・実践・研究を批判的に検討し、“子どもの貧困を議論する枠組み”を提供する。新・スタンダードの誕生。
  • 目次

    「シリーズ・子どもの貧困」刊行にあたって[松本伊智朗]

    序章 「子どもの貧困ブーム」をふりかえって――本書の問題意識と構成[佐々木宏]
     1 子どもの貧困をめぐる議論の主戦場としての〈教育〉
     2 何がどのように論じられてきたか
     3 見落とされてきた視点・論点に光をあてる
     4 楽観論と悲観論の狭間に立つ――本書の基本姿勢

    第Ⅰ部 〈教育〉化する「子どもの貧困」政策の再検討

    第1章 「子どもの貧困」再考]――「教育」を中心とする「子どもの貧困対策」のゆくえ[堅田香緒里
     1 はじめに――問いの所在
     2 「子どもの貧困対策」は何を「貧困」と捉え、どのようにそれを解消しようとしているか
     3 「子どもの貧困対策」の含意
     4 おわりに――「子どもの貧困」という問題構成の「問題」

    第2章 生活保護世帯の子どもへの教育支援――教育Learn+福祉welfare=ラーンフェアLearnfare[桜井啓太]
     1 生活保護(困窮)世帯へ向けた学習支援
     2 ラーンフェア(Learnfare)とは?
     3 いくつかの批判
     4 排除をうまないラーンフェアはありうるか

    第3章 障害のある子どもの貧困と教育[丸山啓史]
     1 子どもの障害と貧困
     2 障害のある子どもと貧困対策
     3 子どもと家族の困難の軽減
     4 母親の就労保障

    第4章 外国につながる子どもの貧困と教育[新藤慶]
     1 日本に暮らすブラジル国籍の子どもの貧困状況
     2 日本に暮らす外国につながる子ども全体の貧困状況
     3 アメリカにおける外国につながる子どもの貧困に関する知見
     4 エスニシティによる移民社会への適応状況の差異と社会関係資本の可能性

    第Ⅱ部 教育と「お金」

    第5章 家計の中の教育費[鳥山まどか]
     1 家計支出としての教育費
     2 家計の中の教育費をめぐる議論
     3 教育費負担と家計管理
     4 家計管理による対応の限界と問題点

    第6章 教育の市場化は子どもの貧困対策となるのか[篠原岳司]
     1 序論――教育の市場化とは何か
     2 日本の公教育の構造とその限界性――なぜ教育の市場化が支持されるのか
     3 日本における教育の市場化の現状――なにがどこまで進んでいるのか
     4 教育の市場化は子どもの貧困にどんなインパクトをもたらすのか

    第7章 教育費の家庭依存を支える日本人の意識[中澤渉]
     1 公教育費増額の困難
     2 日本の教育制度と授業料負担の歴史的経緯
     3 日本人の教育意識の構造
     4 意識構造から垣間見える問題点

    第Ⅲ部 教える・学ぶの「現場」から

    第8章 子どもの貧困と教師[盛満弥生]
     1 貧困対策の支援拠点として期待される学校・教師
     2 子どもの家庭背景・生活背景への教師のまなざし
     3 貧困を不可視化させる学校文化
     4 子どもの貧困の「再発見」と教師の貧困認識
     5 教師の「子どもの貧困」理解に向けて
     6 学校にしかできないこと・学校だからできること

    第9章 「学校以前」を直視する――学校現場で見える子どもの貧困とソーシャルワーク[金澤ますみ]
     1 学校という場で見えてくる子どもの貧困
     2 貧困とネグレクトの関係
     3 学校という場の可能性――「学校以前」に向き合い、学校から手をつなぎはじめる
     4 子どもたちの暮らしに占める「学校時間」
     5 おわりに――「学校以前」を直視する「学校学」への視座

    第10章 学習支援は何を変えるのか――その限界と可能性[西牧たかね]
     1 学習支援の二つの役割
     2 学習支援によって実現できること
     3 学習支援事業が抱える課題
     4 学校の役割

    第11章 株式会社は子どもの貧困解決のために何ができるか[岡本実希]
     1 福祉サービスと株式会社
     2 調査概要
     3 子ども貧困領域への株式会社の参入可能性
     4 株式会社が参入するメリット
     5 株式会社としての限界
     6 株式会社が子どもの貧困解決に果たす役割の可能性

    第12章 貧困問題を教える授業の現場から――「他人事としての貧困」という壁[佐々木宏]
     1 貧困問題の解決に「教育」ができること
     2 広島大学・教養教育科目「社会福祉と貧困」について
     3 授業の中でみえてくること
     4 「他人事としての貧困」という壁


     おわりに[鳥山まどか]
  • 内容紹介

    子どもの貧困への政策的対応で大きな役割を与えられている「教育」について批判的に検討し、その可能性について探る。公教育は、社会的不利の緩和と固定化という両義的な側面をもつが、現下では、その点に無自覚なものが多い。本巻は、この点を克服する試みでもある。
  • 著者について

    松本 伊智朗 (マツモト イチロウ)
    北海道大学大学院教育学研究院教授。専門は教育福祉論、社会福祉論。雑誌『貧困研究』(貧困研究会、明石書店)編集長。主な著作に『子どもの貧困――子ども時代のしあわせ平等のために』(共編著、明石書店、2008年)、『貧困とはなにか――概念・言説・ポリティクス』(ルース・リスター著、監訳、明石書店、2011年)、『「子どもの貧困」を問いなおす――家族・ジェンダーの視点から』(法律文化社、2017年)など。

    佐々木 宏 (ササキ ヒロシ)
    広島大学大学院総合科学研究科准教授。専門は教育福祉論、教育社会学。主な著作に「インド高等教育におけるテクニカル教育ブーム――ウッタル・プラデーシュ州ワーラーナシーのマネジメント教育の事例的検討」押川文子・南出和余編著『「学校化」に向かう南アジア――教育と社会変容』(昭和堂、2016年)、「ポストモダニズムと社会福祉――『近代的なるもの=社会福祉』批判への応答」『教育社会学研究』(94集、2014年)など。

    鳥山 まどか (トリヤマ マドカ)
    北海道大学大学院教育学研究院准教授。専門は教育福祉論。主な著作に「家計に見る女性の困難――生活再生貸付利用者へのインタビュー調査から」『教育福祉研究』(第18号、2012年)、「借金問題のいま」『季刊家計経済研究』(第102号、2014年)、「子育て家族の家計――滞納・借金問題から考える」松本伊智朗編『「子どもの貧困」を問いなおす――家族・ジェンダーの視点から』(法律文化社、2017年)など。

教える・学ぶ-教育に何ができるか(シリーズ・子どもの貧困<3>) の商品スペック

商品仕様
出版社名:明石書店
著者名:松本 伊智朗(編集代表)
発行年月日:2019/03
ISBN-10:4750347906
ISBN-13:9784750347905
判型:A5
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:319ページ
縦:21cm
他の明石書店の書籍を探す

    明石書店 教える・学ぶ-教育に何ができるか(シリーズ・子どもの貧困<3>) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!