平成経済 衰退の本質(岩波新書) [新書]
    • 平成経済 衰退の本質(岩波新書) [新書]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003126081

平成経済 衰退の本質(岩波新書) [新書]

価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日:2019/04/22
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 28639位

平成経済 衰退の本質(岩波新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    バブルとバブルの崩壊から始まった平成時代。マクロ経済政策も、構造改革も、「失われた二〇年」を克服できないどころか、症状を悪化させてきた。セーフティーネット概念の革新、反グローバリズム、長期停滞、脱原発成長論などをキー概念に、一貫して未来を先取りした政策提案を行ってきた著者による三〇年の痛烈な総括。
  • 目次

    はじめに――失われたものを取り戻す

    第1章 資本主義は変質した
     1 バブルを繰り返す時代へ
      「バブル循環」/「紙幣本位制」の時代/金融革新と中央銀行/中央銀行によるバブル創出へ/グローバリズムと情報独占
     2 一九九七年で経済社会が変わった――「失われた三〇年」とは何か
      成長から衰退へ/産業の衰退/「中流」の没落と格差社会/進む家族の「解体」
     3 「失われた三〇年」の深層
      戦後自民党政治の行き詰まり/無責任体制の正統化

    第2章 グローバリズムから極右ポピュリズムへ
     1 グローバリズムと「第三の道」―― 一九九〇年代の錯綜
      グローバリズムの始まり/金融革新とグローバリゼーション/「第三の道」/北欧福祉国家の変化
     2 移民社会の出現と新しい福祉国家
      対立と分断の底流にあるもの/移民労働者の増加と労働組合の後退/ダイバーシティと普遍主義
     3 対テロ世界戦争とリーマンショック
      ブッシュの対テロ戦争と難民問題/リーマンショックとオバマ政権/オバマの「チェンジ」と挫折/トランプのアメリカ/米中「貿易戦争」へ/北朝鮮とイラン/発展するアジアをめぐって/トランプのパラドックス

    第3章 転換に失敗する日本
     1 振り子時計と「失われた三〇年」
      周回遅れの政治が続く/振り子のように振れる政策
     2 周回遅れの「新自由主義」
      小泉「構造改革」へ/「大きすぎて潰せない」/小泉「構造改革」と地域医療の崩壊/頓挫した地方分権改革
     3 転換の失敗がもたらしたもの
      民主党政権のマニフェスト/何が問題だったのか/安倍政権とポピュリズム/バラマキのポピュリズム/見せかけのポピュリズム/無力化のポピュリズム

    第4章 終わりの始まり
     1 出口のない“ネズミ講”
      失敗するアベノミクス/出口がない/生命維持装置としての官製相場/歪んだバブル/中央銀行の「死」
     2 経済・財政危機の発生経路
      甘い見通し/民間貯蓄の減少傾向/政府赤字減少のからくり/貿易赤字化の進行
     3 産業の衰退が止まらない
      長期停滞から長期衰退へ/産業戦略の欠如/成功が失敗を生む/エネルギー転換の時代
     4 社会が壊れていく
      新しい格差社会

    第5章 ポスト平成時代を切り拓くために
     (1)社会基盤として透明で公正なルールが不可欠である
     (2)教育機会を平等に保障しなければならない
     (3)産業戦略とオープン・プラットフォームを作る
     (4)電力会社を解体せよ
     (5)地域分散ネットワーク型システムに転換する
     (6)時間をかけて財政金融の機能を回復する

    文献案内
    おわりに
  • 出版社からのコメント

    この国が重ねてきた失敗とそのごまかしのカラクリとは.「終わりの始まり」の30年をシビアに総括する
  • 内容紹介

    バブルとバブルの崩壊から始まった平成時代。マクロ経済政策も、規制緩和中心の構造改革も、「失われた20年」を克服できないどころか、症状を悪化させてきた。セーフティネット概念の革新、反グローバリズム、長期停滞、脱原発成長論などをキー概念に、一貫して未来を先取りした政策提案を行ってきた著者による30年の痛烈な総括。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    金子 勝(カネコ マサル)
    1952年東京都生まれ。経済学者。東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。東京大学社会科学研究所助手、法政大学経済学部教授、慶應義塾大学経済学部教授などを経て、立教大学経済学研究科特任教授。専門は財政学、地方財政論、制度経済学

平成経済 衰退の本質(岩波新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:金子 勝(著)
発行年月日:2019/04/19
ISBN-10:400431769X
ISBN-13:9784004317692
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:216ページ
縦:18cm

    岩波書店 平成経済 衰退の本質(岩波新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!