バブル-日本迷走の原点(新潮文庫) [文庫]
    • バブル-日本迷走の原点(新潮文庫) [文庫]

    • ¥64920ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003126176

バブル-日本迷走の原点(新潮文庫) [文庫]

価格:¥649(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2019/04/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 14298位

バブル-日本迷走の原点(新潮文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1980年代後半、金融自由化・国際化の中、地価と株価が急上昇し、日本全体は陶酔的熱狂に浸った。当時、住銀、興銀、野村、山一などの銀行や証券会社と大蔵・日銀、政治家、「バブルの紳士」が繰り広げた狂乱の時代とはなんだったのか?現場を見続けた「伝説の記者」が日本独自の資本主義システムまで議論を深め、「失われた20年」と呼ばれるデフレを招いた原因を捉える“平成”史決定版。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 胎動(三光汽船のジャパンライン買収事件
    乱舞する仕手株と兜町の終焉 ほか)
    第2章 膨張(プラザ合意が促した超金融緩和政策
    資産バブルを加速した「含み益」のカラクリ ほか)
    第3章 狂乱(国民の怒りの標的となったリクルート事件
    1兆円帝国を築いた慶応ボーイの空虚な信用創造 ほか)
    第4章 清算(謎の相場師に入れ込んだ興銀の末路
    損失補填問題が示した大蔵省のダブルスタンダード ほか)
  • 内容紹介

    「危ないな」。空前の金融緩和策を柱にした「株価がすべてを解決する」経済政策「アベノミクス」に、40年間経済記者として市場経済を見続けてきた著者は警鐘を鳴らす。「市場は(長期的には)コントロール出来ない」からだ。その前例こそ、1980年代後半から90年代初頭に日本が経験したバブル経済である。金融自由化・グローバル化の中、プラザ合意による円高と大蔵省・日銀主導の低金利政策のもとで、地価と株価が急上昇し、日本全体は陶酔的熱狂に浸った。住銀、興銀、野村、山一などの銀行や証券会社と大蔵・日銀、政治家が踊り、「バブルの紳士」が暗躍したあと、大きなオマケが残った。健全な市場経済の仕組みが機能せず、モノの価格が下がりすぎてしまうデフレという病。そんな後遺症に至る「狂乱の時代」とはなんだったのか? 「伝説の記者」が日本資本主義のあり方にまで議論を掘り下げ、「失われた20年」の遠因を捉える〈バブル〉正史。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    永野 健二(ナガノ ケンジ)
    1949(昭和24)年生れ。京都大学経済学部卒業後、日本経済新聞社入社。証券部記者、兜クラブキャップ、編集委員としてバブル期の様々な経済事件を取材する。その後、日経ビジネス編集長、編集局産業部長、日経MJ編集長として会社と経営者の取材を続け、名古屋支社代表、大阪本社代表、BSジャパン社長などを歴任

バブル-日本迷走の原点(新潮文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:永野 健二(著)
発行年月日:2019/05/01
ISBN-10:4101013810
ISBN-13:9784101013817
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:366ページ ※362,4P
縦:16cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:188g

    新潮社 バブル-日本迷走の原点(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!