竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末〈上〉万里波濤編(講談社時代小説文庫) [文庫]
    • 竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末〈上〉万里波濤編(講談社時代小説文庫) [文庫]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月24日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003127386

竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末〈上〉万里波濤編(講談社時代小説文庫) [文庫]

価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月24日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2019/05/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末〈上〉万里波濤編(講談社時代小説文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    仙台の下級藩士の家に生まれ、江戸で学問を積むためには、逐電するしかなかった玉虫左太夫。やがて頭角をあらわし、勝海舟、坂本龍馬との知己を得る。列強の圧力の中、米国へ向けた使節団がポーハタン号で、品川沖を出発。新見豊前守の従者として乗り込んだ左太夫は、見知ったことを懸命に記録していった。
  • 出版社からのコメント

    学問を積み、いちはやく世界一周する機会をつかんだ仙台藩下級藩士・玉虫左太夫は、奥州の”坂本龍馬”となれるか?
  • 内容紹介

    仙台藩下級藩士の婿養子だった玉虫左太夫は、学問を究めるため江戸に出奔した。昌平坂学問所の林復斎に認められ、仙台藩江戸藩邸の儒学者・大槻磐渓に邂逅する。世は、黒船騒動から安政の大獄の時代。蘭学を学ぼうとした左太夫は、日米修好通商条約のために渡米する外国奉行・新見豊前守の従者となる機会をつかむ。安政七年、咸臨丸の勝海舟を追うように、左太夫の乗った船は品川沖を旅立った。左太夫にアメリカはどう映ったのか?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上田 秀人(ウエダ ヒデト)
    1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。’97年小説CLUB新人賞佳作。講談社文庫の「奥右筆秘帳」シリーズは、「この時代小説がすごい!」(宝島社刊)で、2009年版、2014年版と二度にわたり文庫シリーズ第一位に輝き、第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞。歴史小説にも取り組み、『孤闘 立花宗茂』(中公文庫)で第16回中山義秀文学賞を受賞
  • 著者について

    上田 秀人 (ウエダ ヒデト)
    1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。97年小説CLUB新人賞佳作。歴史知識に裏打ちされた骨太の作風で注目を集める。講談社文庫の「奥右筆秘帳」シリーズは、「この時代小説がすごい!」(宝島社刊)で、2009年版、2014年版と二度にわたり文庫シリーズ第一位に輝き、第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞。抜群の人気を集める。「百万石の留守居役」は初めて外様の藩を舞台にしたシリーズ。文庫時代小説の各シリーズのほか歴史小説にも取り組み、『孤闘 立花宗茂』で第16回中山義秀文学賞を受賞。『天主信長〈表〉〈裏〉』、『竜は動かず 奥羽越列藩同盟顛末(上下)』などがある。

竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末〈上〉万里波濤編(講談社時代小説文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:上田 秀人(著)
発行年月日:2019/05/15
ISBN-10:4065136016
ISBN-13:9784065136010
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:423ページ
縦:15cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 竜は動かず―奥羽越列藩同盟顛末〈上〉万里波濤編(講談社時代小説文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!