東京藝術大学大学美術館所蔵 起立工商会社の花鳥図案 明治初期の工芸品構想 [単行本]
    • 東京藝術大学大学美術館所蔵 起立工商会社の花鳥図案 明治初期の工芸品構想 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月8日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003128557

東京藝術大学大学美術館所蔵 起立工商会社の花鳥図案 明治初期の工芸品構想 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月8日日曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:光村推古書院
販売開始日:2019/05/30
ご確認事項:返品不可

東京藝術大学大学美術館所蔵 起立工商会社の花鳥図案 明治初期の工芸品構想 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    山本光一
    鈴木誠一
    山本華外
    稲垣其達
    荒木探令
    荒木白雲
    鈴木華邨
    甲田秀湖
    小林晴景
    斎藤楳圃
    横山松琴
    高橋松月
    起立公商会社―ジャポニスムへの貢献と日本風デザインをめぐる攻防
    起立工商会社の図案の近況
  • 内容紹介

    起立工商会社は、明治時代初期、主として日本の美術工芸品を世界へ輸出した、日本の貿易会社。
    明治6年のウィーン万国博覧会を契機に現地で結社され、明治7年に銀座で創業。
    会社経営を通じた支援・育成により日本近代美術史、日本近代史に名を残す画家、工芸家、美術商を輩出したが、明治24 年に解散。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    黒川 廣子(クロカワ ヒロコ)
    旧:横溝廣子。1962年東京生まれ。東京藝術大学大学院修了。東京国立博物館資料部を経て、東京藝術大学大学美術館教授。専門分野は日本近代工芸史

    野呂田 純一(ノロタ ジュンイチ)
    1972年秋田県生まれ。大阪大学経済学部卒業。1998年に(財)神奈川県国際交流協会(現・(公財)かながわ国際交流財団)に入職。現在、学術・文化交流グループ所属。2013年に総合研究大学院大学(国際日本研究専攻)にて博士号取得(学術博士)。主著『幕末・明治の美意識と美術政策』(2016年度全日本博物館学会学会賞)。専門分野:日本美術史・日本近代史・文化政策・アートマネージメント

東京藝術大学大学美術館所蔵 起立工商会社の花鳥図案 明治初期の工芸品構想 の商品スペック

商品仕様
出版社名:光村推古書院 ※出版地:京都
著者名:黒川 廣子(編著)/野呂田 純一(編著)
発行年月日:2019/05/15
ISBN-10:483810586X
ISBN-13:9784838105861
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:絵画・彫刻
言語:日本語
ページ数:255ページ
縦:17cm
横:13cm

    光村推古書院 東京藝術大学大学美術館所蔵 起立工商会社の花鳥図案 明治初期の工芸品構想 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!