Nutanix Enterprise Cloud―クラウド発想のITインフラ技術 [単行本]
    • Nutanix Enterprise Cloud―クラウド発想のITインフラ技術 [単行本]

    • ¥3,888234ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年5月28日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003129861

Nutanix Enterprise Cloud―クラウド発想のITインフラ技術 [単行本]

価格:¥3,888(税込)
ポイント:234ポイント(6%還元)(¥234相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年5月28日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日:2019/05/24
ご確認事項:返品不可

Nutanix Enterprise Cloud―クラウド発想のITインフラ技術 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    データセンターに必要な、CPU/メモリ/ストレージハードウェアをユニットで提供するHCI(Hyper Converged Infrastructure)は、現在の企業/組織のITインフラにおいてますます存在感を高めています。HCIの代表的な製品であるNutanixは、さらに統合の範囲を広げ、仮想化ソフトウェアであるハイパーバイザーも独自に提供することで、ハードから仮想マシン、アプリケーションまでを一体で管理するソリューションに成長してきました。本書では、Nutanixの目指すEnterprise Cloud実現にむけたさまざまな機能に触れます。進化したハイパーバイザー「AHV」の詳細なアーキテクチャーのほか、ストレージサービス、データ保護、マイクロセグメンテーションなど、インフラを支えるさまざまな機能を解説します。さらに、アプリケーションライフサイクル管理や、マルチクラウド/ハイブリッドクラウドに対応したプロダクトなど、場所やプラットフォームにとらわれない世界観についても、わかりやすく解説していきます。クラウド時代ならではの最新情報をまとめた、新鋭のインフラ管理者のための解説書です。
  • 目次

    第1章 NutanixがめざすEnterprise Cloudとは
     1.1 「インビジブル」な「Enterprise Cloud」
     1.2 Enterprise Cloud実現のためのステップ
     1.3 Enterprise Cloudのあるべき姿と課題
     1.4 Nutanixのポートフォリオ
     1.5 まとめ

    第2章 Enterprise Cloudの基礎となるソフトウェア
     2.1 Enterprise Cloudの中核となる製品
     2.2 Prismによる管理ソリューション
     2.3 Acropolisによる仮想化基盤
     2.4 Acropolis分散ストレージファブリック
     2.5 Acropolis App Mobility Fabric
     2.6 Nutanixのライフサイクル管理
     2.7 まとめ

    第3章 Enterprise Cloudを支えるハイパーバイザーAHV
     3.1 AHVの特徴と機能
     3.2 AHVにおける仮想マシンの特徴
     3.3 AHVのネットワークに関わる仕組み
     3.4 AHVのストレージアクセスの仕組み
     3.5 まとめ

    第4章 AHVの設計と導入
     4.1 AHVにおける設計
     4.2 仮想マシンの設計
     4.3 Nutanixクラスターのセットアップ方式
     4.4 AHV環境における設定
     4.5 まとめ

    第5章 AHVの運用と移行
     5.1 運用に関わる機能
     5.2 Nutanix クラスターとノードの停止と起動
     5.3 仮想マシンの管理操作
     5.4 AHVへの仮想マシン移行
     5.5 まとめ

    第6章 Nutanixのストレージサービス
     6.1 Nutanix Volumes
     6.2 Nutanix Files

    第7章 Prism Centralによる高度な管理機能
     7.1 Prism Centralとは
     7.2 Prism Centralのライセンス
     7.3 Prism Centralの動作要件
     7.4 Prism Centralの構築方法
     7.5 Prism Centralの画面構成
     7.6 パフォーマンスモニタリング
     7.7 X-FITによるアラートとキャパシティ予測
     7.8 レポーティング
     7.9 まとめ

    第8章 Nutanixのデータ保護
     8.1 Nutanixが提供するデータ保護機能の概要
     8.2 Nutanixのスナップショット
     8.3 Nutanixのローカルバックアップ
     8.4 Self Service Restore
     8.5 Nutanixのレプリケーションと災害時復旧
     8.6 NearSync DR
     8.7 Metro Availabilityによる災害対策
     8.8 Cloud Connectによるバックアップ
     8.9 Leapによるデータ保護の自動化
     8.10 まとめ

    第9章 Nutanix FlowによるSoftware-Defined Network
     9.1 Flowの概要
     9.2 Flowのアーキテクチャー
     9.3 Flowの設定例
     9.4 Flowの活用方法
     9.5 まとめ

    第10章 IT利用者のためのIaaS機能Self Service Portal
     10.1 Self Service Portalの概要
     10.2 SSPの全体像
     10.3 SSPを構成するコンポーネント
     10.4 システム管理者の役割と設定
     10.5 SSPユーザーによるSSPの利用
     10.6 まとめ

    第11章 Calmによるアプリケーションの自動展開
     11.1 Calmの概要
     11.2 Calmの基本的な用語
     11.3 Calmのシステム要件
     11.4 Calmの有効化
     11.5 Calmの操作に関わる権限
     11.6 Blueprintの作成
     11.7 まとめ

    第12章 Nutanixのこれから
     12.1 インビジブルクラウドの世界へ
     12.2 オンプレミスを進化させるサービス
     12.3 マルチクラウド時代のプロダクト
     12.4 次世代のインフラストラクチャー

  • 内容紹介

    話題のハイパー・コンバージド・インフラストラクチャ(HCI)の解説書が最新版対応で登場。新時代のシステムの機能を詳細解説

    NutanixはHCI(Hyper Converged Infrastructure)の代表的な製品で、導入することで企業システムを容易にクラウドとして利用できるようにします。
    本書は注目される同製品の最新バージョンを基礎から解説します。新時代のシステム運用の知識が得られる、エンジニア必見の解説書です。

    【目次】
    第1章 NutanixがめざすEnterprise Cloudとは
    第2章 Enterprise Cloudの基礎となるソフトウェア
    第3章 Enterprise Cloudを支えるハイパーバイザー AHV
    第4章 AHVの設計と導入
    第5章 AHVの運用と移行
    第6章 Nutanixのストレージサービス
    第7章 Prism Centralによる高度な管理機能
    第8章 Nutanixのデータ保護
    第9章 Nutanix FlowによるSoftware-Defined Network
    第10章 IT利用者のためのIaaS機能Self Service Portal
    第11章 Calmによるアプリケーションの自動展開
    第12章 Nutanixのこれから

Nutanix Enterprise Cloud―クラウド発想のITインフラ技術 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:SB C&S(著)/ニュータニックス・ジャパン合同会社(協力)
発行年月日:2019/05/24
ISBN-10:4798160571
ISBN-13:9784798160573
判型:B5変形
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
言語:日本語
ページ数:369ページ
縦:24cm
横:19cm

    翔泳社 Nutanix Enterprise Cloud―クラウド発想のITインフラ技術 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!