科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか [単行本]
    • 科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003130592

科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2019/05/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    科学者の軍事研究に絞った倫理規範の書。歴史考察から防衛省創設の委託研究制度、大学と科学者コミュニティ、AI兵器まで。普遍的かつ喫緊なテーマの全体像を記す。
  • 目次

    序章 新しい科学者倫理の構築のために

    第1章 科学者と戦争
    科学者個人の戦争協力
    第一次世界大戦における戦争協力
    第二次世界大戦における軍事開発
    三つの軍事革命

    第2章 軍事研究をめぐる科学者の常套句
    「戦時には愛国者になれ」
    「もうこれで戦争は起こらない」
    「より人道的な兵器の開発である」
    「軍事研究は科学の発展に寄与する」
    「戦争(軍事研究)は発明の母である」
    「いずれ民生に活用されて役に立つ」
    「みんながやっているのだから」
    「作った自分に責任はなく、使った軍が悪い」
    「悪法も法である」
     
    第3章 非戦・軍縮の思想
    「国際人道法」による戦争の抑制
    第二次世界大戦後に結ばれた条約
    核実験・核兵器の禁止
    平和のための国際組織
    日本学術会議の決議・声明

    第4章 安全保障技術研究推進制度の概要と問題点
    「推進制度」の概要
    募集する研究テーマ
    公募要領の大きな変更
    知的財産の帰属について
    研究終了後の関係について
    まとめ

    第5章 軍事研究に対する科学者の反応
    日本学術会議の声明
    「報告」の論点――研究の公開性について
    「報告」の論点――研究資金のあり方について
    科学者の許容論(1)――「デュアルユースである」
    科学者の許容論(2)――「学問の自由がある」
    科学者の許容論(3)――「じっくり研究に打ち込みたいのだが……」
    科学者の許容論(4)――「自衛のためならかまわない」
    倫理規範に対する反論

    第6章 やはり、科学者は軍事研究に手を染めてはならない
    プロフェッションとしての科学者・技術者
    大学が社会から負託されている役割

    終章 現代のパラドックス

    あとがき
    参考にした文献
    索引
  • 出版社からのコメント

    軍事研究には携わるべきではない、というのは科学倫理の重要テーマである。歴史考察からAI兵器まで若き科学者に向けた書き下ろし。
  • 内容紹介

    「科学倫理の書だけでは決定的に欠けているテーマがあった。科学者および技術者が軍事研究に手を染め、戦争で人間を効率的に殺戮するための手段の開発研究に深入りしている問題で、これこそ問われるべき科学者・技術者の倫理問題と言えるはずである。…本書はおそらく〈科学者は軍事研究に手を染めるべきではない〉と主張する最初の本になると思っている」

    グローバル化が喧伝され、生き残るために倫理を置き去りにすることを当然としかねない現代、企業は儲けのために手抜きや不作為が常態化して安全性が二の次になり、政治は軍拡路線を拡大して貧富の格差の拡大を放置し、科学者の多くは研究費欲しさに軍事研究に励み、人々はお任せ民主主義になれてしまい、長期的な視点を失っている。このような時代にあって、著者は科学者の責任として、本書を書き下ろした。
    第一次世界大戦、ナチス期の科学者や日本の戦時動員体制から、安倍内閣による「防衛装備庁の安全保障技術研究推進制度」の詳細、大学や科学者コミュニティの実際、AI兵器・ゲノム編集、デュアルユース(軍民両用技術)のあり方まで。若き科学者に向けて普遍的かつ喫緊なテーマの全体像をはじめて記す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池内 了(イケウチ サトル)
    1944年兵庫県生まれ。総合研究大学院大学名誉教授。名古屋大学名誉教授。宇宙物理学専攻
  • 著者について

    池内了 (イケウチサトル)
    1944年兵庫県生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。総合研究大学院大学名誉教授。名古屋大学名誉教授。宇宙物理学専攻。著書『親子で読もう 宇宙の歴史』(岩波書店)『お父さんが話してくれた宇宙の歴史1-4』(岩波書店)『科学者と戦争』(岩波新書)『科学者と軍事研究』(岩波新書)『科学の考え方・学び方』(岩波ジュニア新書)『これだけは読んでおきたい科学の10冊』(岩波ジュニア新書)『生きのびるための科学』(晶文社)『わが家の新築奮闘記』(晶文社)『科学は今どうなっているの?』(晶文社)『ヤバンな科学』(晶文社)『物理学と神』(集英社新書、講談社学術文庫)『宇宙論と神』(集英社新書)『司馬江漢』(集英社新書)『人間と科学の不協和音』(角川ワンテーマ新書)『科学の限界』(ちくま新書)『原発事故との伴走の記』(而立書房)『転回期の科学を読む辞典』(みすず書房)『科学者心得帳』(みすず書房)『寺田寅彦と現代』(みすず書房)『科学・技術と現代社会』全2巻(みすず書房)『科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか』(みすず書房)ほか多数。

科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:池内 了(著)
発行年月日:2019/05/24
ISBN-10:4622088142
ISBN-13:9784622088141
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:自然科学総記
言語:日本語
ページ数:258ページ ※252,6P
縦:20cm
重量:400g
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 科学者は、なぜ軍事研究に手を染めてはいけないか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!