恐怖箱怪画 [文庫]
    • 恐怖箱怪画 [文庫]

    • ¥70222ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月20日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003131836

恐怖箱怪画 [文庫]

加藤 一(編著)
価格:¥702(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月20日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日:2019/06/28
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 98614位

恐怖箱怪画 [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    呪われた絵画、美術骨董品に纏わる26の実話怪談!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    全部正解(つくね乱蔵)
    黒黴(つくね乱蔵)
    いちまさん(ねこや堂)
    お猿(内藤駆)
    伊川さんの人形(つくね乱蔵)
    塀の上のもの(三雲央)
    歪―奇譚ルポルタージュ(久田樹生)
    左目(ねこや堂)
    無駄足(橘百花)
    画廊の祠(戸神重明)〔ほか〕
  • 出版社からのコメント

    掛け軸、焼き物、絵画、刀…美術品、骨董品に纏わる実話怪奇アンソロジー!
  • 内容紹介

    見てはならぬ。触れてもならぬ。
    曰くつきの美術・骨董品に纏わる怖い話!

    自殺した父が集めていた曰くつきの美術品。最近購入した品の中に自殺の原因があると考えた息子は…「全部正解」、祖父が中国で買ってきた白い陶器の猿。祖父と少年の前でだけ猿は本物になる…「お猿」、叔母の家から持ち出した遺品の風景画。その夜から不気味な老人の幻影が纏わりつき…「凋落」、小学生の息子が拾ってきたダルマの絵。以来、家では異音とともに恐ろしい現象が…「ダルマさん」、昭和初期に華族の愛人が囲われていた屋敷には開かずの間があった。好奇心からこじ開けると、中には30枚に及ぶ同一人物の肖像画が。だがそれは凶事の始まりでもあった…「開かずの扉」ほか、呪われた絵画、美術骨董品に纏わる26の実話怪談!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加藤 一(カトウ ハジメ)
    1967年静岡県生まれ。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』4代目編集者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超‐1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中
  • 著者について

    加藤 一 (カトウ ハジメ)
    加藤一
    Hajime Kato
    1967年静岡県生まれ。O型。獅子座。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』4代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超-1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中。主な著作に『「忌」怖い話』、『「超」怖い話』シリーズ、『「極」怖い話』シリーズ(以上、竹書房文庫刊)、『怪異伝説ダレカラキイタ』シリーズ(あかね書房)など。

恐怖箱怪画 [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:加藤 一(編著)
発行年月日:2019/07/05
ISBN-10:4801919286
ISBN-13:9784801919280
判型:新書
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:15cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:135g

    竹書房 恐怖箱怪画 [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!