スターリン時代―元ソヴィエト諜報機関長の記録 第2版新装版 [単行本]
    • スターリン時代―元ソヴィエト諜報機関長の記録 第2版新装版 [単行本]

    • ¥4,950149ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003133929

スターリン時代―元ソヴィエト諜報機関長の記録 第2版新装版 [単行本]

価格:¥4,950(税込)
ポイント:149ポイント(3%還元)(¥149相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:みすず書房
販売開始日: 2019/05/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可、プレゼント包装不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

スターリン時代―元ソヴィエト諜報機関長の記録 第2版新装版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1941年2月、クリヴィツキーはワシントンのホテルで謎の死を遂げた。1930年代に西ヨーロッパ各地で活動していたソ連の多数のスパイを束ねる諜報機関の長だった。彼が遺した一冊の本がこの回想録である。ここにはヒトラーのドイツや、内戦中のスペインに対してスターリンがとった政策と権謀術数が、ソヴィエト体制内部の現場から証言されている。また稀有な規模に拡大した粛清とその裁判の実態、そこで犠牲となった古参ボリシェヴィキ、赤軍の将軍たちの最後が戦慄をもって描かれている。1939年の刊行後、本書は一時その信憑性を疑われ、著者の実在も否定されていた。しかし今では、スターリンに対する最初の告発書のひとつとして、また現代史の第一級のドキュメントとして評価が定まり、1991年には遂にロシア語版が日の目を見た。半世紀をかけて、クリヴィツキーの影を欧米各地に追い求めてきた訳者による解説がその経緯を物語るだろう。
  • 目次

    まえがき
    第1章 スターリンはヒトラーを宥和する
    第2章 共産主義インターナショナルの最後
    第3章 スターリンのスペイン内戦干渉
    第4章 スターリン、ドル紙幣を偽造する
    第5章 オゲペウ
    第6章 なぜ、かれらは自白したか?
    第7章 なぜ、スターリンは自分の将軍たちを銃殺したか?
    第8章 スターリンとの訣別

    訳者解説 現代史のなかの著者と本について
    1 本書の成り立ちと邦訳をめぐって
    2 ワルター・クリヴィツキーことサムエル・ギンスブルクの生と死
    3 クリヴィツキー情報の信憑性

    付録
    1 ラ・フレーシュ・ド・パリ紙記事(1938年3月)
    2 ボルチモア・サン紙記事(1939年5月)
    3 追悼・ワルター・クリヴィツキー(1941年2月)  パウル・ヴォール

    訳者後書
    新装版への訳者後書
    参考文献
    人名索引
  • 出版社からのコメント

    元ソヴィエト諜報機関長が記す、ソヴィエトの粛清およびドイツや日本に関するスパイ活動の全貌。
  • 内容紹介

    1941年2月、クリヴィツキーはワシントンのホテルで謎の死を遂げた。1930年代に西ヨーロッパ各地で活動していたソ連の多数のスパイを束ねる諜報機関の長だった。彼が遺した一冊の本がこの回想録である。
    ここにはヒトラーのドイツや、内戦のスペインに対してスターリンがとった政策と権謀術数が、ソヴィエト体制内部の現場から証言されている。また稀有な規模に拡大した粛清とその裁判の実態、そこで犠牲となった古参ボリシェヴィキ、赤軍の将軍たちの最期が戦慄をもって描かれている。
    1939年の刊行後、本書は一時その信憑性を疑われ、著者の実在も否定されていた。しかし今では、スターリンに対する最初の告発書のひとつとして、また現代史の第一級のドキュメントとして評価が定まり、1991年には遂にロシア語版が日の目を見た。半世紀をかけて、クリヴィツキーを欧米各地に追い求めてきた訳者による解説がその経緯を物語るだろう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    クリヴィツキー,ワルター(クリヴィツキー,ワルター/Krivitsky,Walter G.)
    1899‐1941。西ウクライナのポドヴォロチスカに生れる。本名はサムエル・ギンスブルク。1917年のロシア革命に参加。19年共産党に入党。20年ポーランド戦役で諜報活動に従事。21~23年赤軍参謀本部第四部(諜報部)第二・第三課勤務。23年ドイツで地下活動。25年赤軍参謀本部第四部ヨーロッパ担当。33年モスクワの軍需産業研究所所長。35年赤軍から秘密警察諜報部に転籍、オランダのハーグを拠点に活動する。37年10月パリで亡命、11月アメリカに移住。40年1月英国防諜機関MI5に招聘され、ロンドンでソビエト諜報網の情報を提供。41年2月10日ワシントンで謎の死を遂げる

    根岸 隆夫(ネギシ タカオ)
    翻訳家。長くドイツとフランスに住み、戦間期の欧州政治史、とくに全体主義に関心をもつ。パリ1968年5月、プラハの春、ベルリンの壁の崩壊、ソ連の自壊に遭遇
  • 著者について

    ワルター・クリヴィツキー (ワルタークリヴィツキー)
    1899年6月28日、西ウクライナのポドヴォロチスカに生れる。本名はサムエル・ギンスブルク。1917年のロシア革命に参加。19年共産党に入党。20年ポーランド戦役で諜報活動に従事。21-23年赤軍参謀本部第四部(諜報部)第二・第三課勤務。23年ドイツで地下活動。25年赤軍参謀本部第四部ヨーロッパ担当。33年モスクワの軍需産業研究所所長。35年赤軍から秘密警察諜報部に転籍、オランダのハーグを拠点に活動する。37年10月パリで亡命、11月アメリカに移住。40年1月英国諜報機関MI5に招聘され、ロンドンでソヴィエト諜報網の情報を提供。41年2月10日ワシントンで謎の死を遂げる。

    根岸隆夫 (ネギシタカオ)
    翻訳家。フランス政府給付留学生としてパリの国立政治学院で欧州政治史を学ぶ。長くドイツとフランスに住み、戦間期の欧州政治史、とくに全体主義に関心をもつ。パリ1968年5月、プラハの春、ベルリンの壁の崩壊、ソ連の自壊に遭遇。訳書 トロツキー『テロリズムと共産主義』(現代思潮社、1970)、クリヴィツキー『スターリン時代』(第2版、1987)、ポレツキー『絶滅された世代』(1989)、リード/フィッシャー『ヒトラーとスターリン』(上下、2001)、ジェラテリー『ヒトラーを支持したドイツ国民』(2008)、ザスラフスキー『カチンの森』(2010)、ビーヴァー『スペイン内戦』(上下、2011)、ネイマーク『スターリンのジェノサイド』(2012)、ヴェルト『共食いの島』(2019)、いずれもみすず書房。

スターリン時代―元ソヴィエト諜報機関長の記録 第2版新装版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:みすず書房
著者名:ワルター クリヴィツキー(著)/根岸 隆夫(訳)
発行年月日:2019/05/16
ISBN-10:4622088223
ISBN-13:9784622088226
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:277ページ ※272,5P
縦:22cm
その他: 原書名: IN STALIN'S SECRET SERVICE〈Krivitsky,Walter G.〉
他のみすず書房の書籍を探す

    みすず書房 スターリン時代―元ソヴィエト諜報機関長の記録 第2版新装版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!