名画という迷宮 [新書]
    • 名画という迷宮 [新書]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月11日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003141456

名画という迷宮 [新書]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月11日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:PHP研究所
販売開始日: 2019/06/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

名画という迷宮 [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    これまでルネサンス以降の美術史はあまり注目されてこなかった。爛熟したルネサンス下で育った若者のなかから革新的な画家が生まれ、後世に大きな影響を与えていることはあまり知られていない。当時はまだ地位の低い職業だったにもかかわらず気高く挑戦を続け、ときにスキャンダルを起こしたり、トラブルに巻き込まれたりしながら、強烈な作品を作り続けた。画家自身がどのような人生を送ったかを知ることで、彼らが遺した作品をより深く感じられるのではないか。本書では、17世紀を通してバロック期に活躍した巨匠たちの、ドラマチックな人生と美術史に残る大作を紹介する。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 大河の中の巨匠たち
    第1章 カラヴァッジョ
    第2章 ルーベンス
    第3章 ベラスケス
    第4章 プッサン
    第5章 レンブラント
    第6章 フェルメール
  • 出版社からのコメント

    ルネッサンス~バロックに活躍した「オールドマスターズ」6人の巨匠たち。彼らの名画60点から作品に描かれた歴史を読み解く。
  • 内容紹介

    カラヴァッジョ、ルーベンス、ベラスケス、プッサン、レンブラント、フェルメール 《6人の巨匠たちの生涯》
    ★69点の作品をカラーで紹介
    これまでルネサンス以降の美術史はあまり知られていないがわかりやすい解説で人気の美術史家・木村泰司先生によるバロック美術の集中講義!
    爛熟したルネサンス下で育った若者のなかから革新的な画家が生まれ、後世に大きな影響を与えていることはあまり知られていない。
    当時はまだ地位の低い職業だったにもかかわらず気高く挑戦を続け、ときにスキャンダルを起こしたり、トラブルに巻き込まれたりしながら、強烈な作品を作り続けた。
    画家自身がどのような人生を送ったかを知ることで、彼らが遺した作品をより深く感じられるのではないか。
    本書では、17世紀を通してバロック期に活躍した巨匠たちのドラマチックな人生と美術史に残る大作を紹介する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    木村 泰司(キムラ タイジ)
    西洋美術史家。1966年生まれ。米国カリフォルニア大学バークレー校で美術史学士号を修めた後、ロンドンサザビーズの美術教養講座にてWORKS OF ART修了

名画という迷宮 [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:木村 泰司(著)
発行年月日:2019/06/28
ISBN-10:4569843301
ISBN-13:9784569843308
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:芸術総記
言語:日本語
ページ数:222ページ
縦:18cm
その他:『名画の言い分 巨匠たちの迷宮』再編集・改題書
他のPHP研究所の書籍を探す

    PHP研究所 名画という迷宮 [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!