激動の平成(全3巻)-日経平成三部作 [単行本]
    • 激動の平成(全3巻)-日経平成三部作 [単行本]

    • ¥5,940179ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003141738

激動の平成(全3巻)-日経平成三部作 [単行本]

御厨 貴(著・文・その他)芹川 洋一(著・文・その他)小峰 隆夫(著・文・その他)伊丹 敬之(著・文・その他)
価格:¥5,940(税込)
ポイント:179ポイント(3%還元)(¥179相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2019/05/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

激動の平成(全3巻)-日経平成三部作 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    【平成の政治 御厨貴・芹川洋一 編著】
    第1部 政治改革の功罪
    (キングメーカーが明快だった平成の始まり/自民党分裂の謎を解く―3つのポイント ほか)

    第2部 党主導から官邸主導へ
    (橋本改革の果実を食べた小泉政権/決定プロセスを変えれば、政策が変わる ほか)

    第3部 政治学と地方の視点から
    (消費税選挙で幕を開けた平成の政治/自民党単独政権の終焉 ほか)

    終章 平成から考える、その先の日本
    (「政治家の育成」という視点から選挙制度を考える/上が下を叱りにくい社会の弊害 ほか)

    【平成の経済 小峰隆夫 著】
    第1部 バブルの崩壊と失われた20年の始まり(1989年~90年代前半)
    第1章 バブルの生成とその背景
    第2章 バブルの崩壊とバランスシート調整問題の発生
    第3章 繰り返された財政刺激と金融政策の方向転換

    第2部 金融危機とデフレの発生(1990年代後半)
    第4章 アジア通貨危機と金融危機
    第5章 デフレの発生と金融政策
    第6章 挫折した構造改革への挑戦

    第3部 小泉構造改革と不良債権処理(2000年代前半)
    第7章 小泉構造改革とは何だったのか
    第8章 不良債権処理の進展と構造改革の進展
    第9章 デフレの継続と量的金融緩和

    第4部 民主党政権の誕生とリーマン・ショック(2000年代後半~10年代初め)
    第10章 政権交代前夜
    第11章 政権交代と動き出した民主党政権
    第12章 リーマン・ショックの後遺症と東日本大震災下での経済政策運営

    第5部 アベノミクスの展開(2012年末以降)
    第13章 安倍政権の誕生と三本の矢
    第14章 異次元金融緩和の展開とその限界
    第15章 これからの経済的諸課題

    終章 平成経済から何を学ぶか

    【平成の経営 伊丹敬之著】
    序章 疾風に勁草を知る

    第1部 平成三〇年間の日本企業
    第1章 バブル崩壊、そして金融崩壊 1989 ─1998
    第2章 産業迷走、つかの間の成長、そしてリーマンショック 1999-2008
    第3章 どん底からの回復 2009-2018

    第2部 世界、技術、ヒト、カネの三〇年
    第4章 アメリカと中国のはざまで――世界の中の日本企業
    第5章 複雑性産業がより中核に――産業構造の変化と技術
    第6章 変わる看板、変わらぬ基盤――日本企業の雇用と人事
    第7章 積み上がる自己資本、増えない投資――日本企業の財務と投資
    第8章 トヨタと日産――二つの平成経営史

    終章 日本の原理と神の隠す手を信じて
  • 出版社からのコメント

    日本を代表する知識人が緻密に振り返り、未来を見通す『平成の政治』『平成の経済』『平成の経営』の3冊を収めた特製BOX。
  • 内容紹介

    ◆日本が激変した時代、私たちは何をしてきたのか-―。日本を代表する知識人が緻密に振り返り、未来を見通す『平成の政治』『平成の経済』『平成の経営』の3冊を特製BOXに収めました。

    <平成の政治 御厨貴・芹川洋一編著>
    平成という時代を「政治」から解剖。オーラルヒストリー研究の第一人者御厨貴と、長く政治取材の経験を重ねたジャーナリスト芹川洋一が、以下3人の論者を招いて考える。
    3人の論者とは、50年以上にわたり、日本政治を研究してきたコロンビア大学のジェラルド・カーティス名誉教授、経済財政相として、またエコノミストとして日本の政治をに深く関わってきた政策研究大学院大学の大田弘子教授、政治学者として活躍ののち、地方自治の現役責任者に転じた熊本県の蒲島郁夫知事。

    <平成の経済 小峰隆夫著>
    なぜ日本は絢爛の輝きの末に転落し、30年間苦闘を続けたのか?バブル崩壊直後の「経済白書」を執筆した官庁出身エコノミスト渾身作。
    本書の特色は第1に、マクロ経済を中心に解説していることである。第2は、単に事実を述べるだけではなく、多くの出来事の相互関係を明らかにし、できるだけストーリー性を持たせるようにした。第3は、できるだけ政策的教訓を導き、後世の参考にしてもらおうとしている。

    <平成の経営 伊丹敬之著>
    絶頂からの転落はなぜ起きたのか、再生の戦略は何か―。30年間に日本企業に何が起きたのかを日本を代表する経営学者が初めて解明。
    第1部(平成三〇年の日本の産業と企業)では、30年間に日本企業の戦いの軌跡を描く。崩壊、迷走、回復という3つのステージで何が起きたのかを端的に解説する。
    第2部(モノ、技術、ヒト、カネ、の三〇年)では、各論として日本企業のどのような問題があったのかを解明する。そして日本的経営を愚直に追求してきたトヨタ自動車と、ゴーン改革によって劇的な復活を遂げた日産自動車を比較することで、これからの日本企業に必要な経営の座標軸を示す。
  • 著者について

    御厨 貴 (ミクリヤタカシ)
    放送大学教授、青山学院大学特別招聘教授
    1951年東京生まれ。75年東京大学法学部卒。同大学助手を経て、78年東京都立大学助教授、88年同教授、ハーバード大学客員研究員を経て、99年政策研究大学院大学教授。2002年東京大学先端科学技術センター教授。2012年4月より現職。

    芹川 洋一 (セリカワヨウイチ)
    日本経済新聞論説フェロー
    1950年生まれ。東京大学法学部卒業、同新聞研究所修了。日本経済新聞社に入り、79年より2005年まで政治部に所属し、同部次長、編集委員、政治部長を務める。大阪編集局長、執行役員電波電子戦略室長、論説委員長、論説主幹等を経て現職。

    小峰 隆夫 (コミネタカオ)
    大正大学地域創生学部教授、日本経済研究センター研究顧問
    1947年埼玉県生まれ。1969年東京大学経済学部卒。同年経済企画庁入庁、経済企画庁長官秘書官、日本経済研究センター主任研究員、経済企画庁調整局国際経済第一課長、調査局内国調査第一課長、国土庁審議官、経済企画庁審議官、経済研究所長、物価局長、調査局長、法政大学教授などを経て現職。

    伊丹 敬之 (イタミヒロユキ)
    国際大学学長、一橋大学名誉教授
    1969年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。72年カーネギーメロン大学経営大学院博士課程修了・PhD。その後一橋大学商学部で教鞭をとり、85年教授。この間スタンフォード大学客員准教授等を務め、東京理科大学大学院イノベーション研究科教授を経て2017年9月より現職。

激動の平成(全3巻)-日経平成三部作 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:御厨 貴(著・文・その他)/芹川 洋一(著・文・その他)/小峰 隆夫(著・文・その他)/伊丹 敬之(著・文・その他)
発行年月日:2019/05
ISBN-10:4532179017
ISBN-13:9784532179014
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:896ページ
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 激動の平成(全3巻)-日経平成三部作 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!