地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画―課題と展望 [単行本]

販売休止中です

    • 地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画―課題と展望 [単行本]

    • ¥1,29639ポイント(3%還元)
100000009003142430

地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画―課題と展望 [単行本]

価格:¥1,296(税込)
ポイント:39ポイント(3%還元)(¥39相当)
日本全国配達料金無料
出版社:大阪公立大学共同出版会
販売開始日:2019/03/28
ご確認事項:返品不可

地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画―課題と展望 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 研究総括―地域特性に応じた自主防災まちづくり
    2 地区共助プラットフォーム―地区防災教室ネットワークによる防災行動マネジメントを目指して
    3 リスク共有プログラム―災害リスク認識へむけた地形・地盤特性の把握
    4 リスク共有プログラム―都市リスクを表出させるインジケーターの模索
    5 共助体験プログラム―災害フェーズに応じた避難行動要支援者の支援
    6 共助体験プログラム―避難行動要支援者の避難に必要な体力
    7 共助体験プログラム―南海トラフ巨大地震被害想定からみた大阪市の災害時医療需給の問題点 地理情報システム(GIS)を用いた検討
    8 共助体験プログラム―子どもを育てる母親の目線で取り組む災害への備え
    9 共助体験プログラム―市町村レベルにおける災害時のための食料・飲料水の備蓄と関連する取り組みの状況
    10 共助体験プログラム―ICTを活用した災害時の情報伝達と共有方法
    11 社会実験の有効性評価―地域住民を対象とした防災訓練の評価について
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮野 道雄(ミヤノ ミチオ)
    大阪市立大学都市防災教育研究センター・生活科学研究科

    生田 英輔(イクタ エイスケ)
    大阪市立大学都市防災教育研究センター・生活科学研究科

地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画―課題と展望 の商品スペック

商品仕様
出版社名:大阪公立大学共同出版会 ※出版地:堺
著者名:宮野 道雄(編)/生田 英輔(編)
発行年月日:2019/03/28
ISBN-10:4907209975
ISBN-13:9784907209971
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:137ページ
縦:26cm

    大阪公立大学共同出版会 地域変容に対応した避難行動要支援者のための地区共助計画―課題と展望 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!