進化するがん創薬―がん科学と薬物療法の最前線(DOJIN BIOSCIENCE SERIES〈32〉) [全集叢書]
    • 進化するがん創薬―がん科学と薬物療法の最前線(DOJIN BIOSCIENCE SERIES〈32〉) [全集叢書]

    • ¥8,800264ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月13日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003143204

進化するがん創薬―がん科学と薬物療法の最前線(DOJIN BIOSCIENCE SERIES〈32〉) [全集叢書]

価格:¥8,800(税込)
ポイント:264ポイント(3%還元)(¥264相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月13日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:化学同人
販売開始日: 2019/06/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

進化するがん創薬―がん科学と薬物療法の最前線(DOJIN BIOSCIENCE SERIES〈32〉) の 商品概要

  • 目次

    序章 がんを薬で治したい(清宮啓之)

    【PartⅠ がん創薬の基盤となるコンセプト】
    1 章 がん細胞の基本的特徴(宮澤恵二)
    2 章 がんの不均一性と可塑性(山田泰広,島田由衣)
    3 章 がんの分子標的とバイオマーカー(西尾和人,坂井和子)

    【PartⅡ がん創薬の基盤となる先端テクノロジー】
    4 章 がんゲノミクス(柴田龍弘)
    5 章 抗がん薬探索を加速する化合物バンク(長田裕之,平野弘之,近藤恭光)
    6 章 がん細胞パネルを用いた標的探索と創薬(旦慎吾)
    7 章 オルガノイド・患者由来ゼノグラフト(筆宝義隆)
    8 章 がん創薬のための動物モデル(大島正伸)
    9 章 情報計算科学によるインシリコ創薬(本間光貴)
    10 章 ドラッグデリバリーシステム(西山伸宏)
    11 章 リキッドバイオプシー(高橋陵宇,プリエト・ビラ マルタ,小濱一作,落谷孝広)

    【PartⅢ がん治療薬の分類と特徴】
    12 章 小分子化合物(野口耕司)
    13 章 抗体医薬(秋永士朗,中村康司)
    14 章 がん免疫療法薬(西川博嘉,種子島時祥)
    15 章 核酸医薬(田原栄俊,山本佑樹,城間喜智,矢野公義)

    【PartⅣ 分子標的治療薬の実績と展望】
    16 章 チロシンキナーゼ阻害薬(片山量平)
    17 章 シグナル伝達系阻害薬(足立雄太,矢野聖二)
    18 章 プロテアソーム阻害薬(馬島哲夫,冨田章弘)
    19 章 血管新生阻害薬(樋田京子,間石奈湖)
    20 章 エピゲノム標的薬(新城恵子,近藤豊)
    21 章 PARP 阻害薬(清宮啓之)

    【PartⅤ 今後注目すべきがん治療標的】
    22 章 がんの浸潤・転移(藤田直也)
    23 章 腫瘍内微小環境(近藤科江)
    24 章 がん幹細胞(上野将也,平尾敦)
    25 章 がん特異的代謝経路(光石陽一郎,本橋ほづみ)

    【PartⅥ がん治療薬の臨床開発・承認審査】
    26 章 がん治療薬の臨床開発(布施望,大津敦)
    27 章 がん治療薬の承認審査(成川衛)

  • 内容紹介

    副作用の大きい抗がん剤に代わるがんの薬物療法薬として,分子標的治療薬と免疫療法薬を中心とする,従来とは違う作用機序をもつがん治療薬剤の開発が進んでいる.これはすでにがん領域を重点領域のひとつとして位置づけられており,すでにがん治療薬開発において中心的な役割を担うようになっている.本書は,がん特有な生命現象にかかわる責任分子やそれらを標的にしたがん分子標的治療薬,新たな治療標的となる因子などについて,最新の知見をまとめた.
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    清宮 啓之(セイミヤ ヒロユキ)
    がん研究会がん化学療法センター分子生物治療研究部長、薬学博士。1967年埼玉県生まれ。1995年東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。癌研究会、米国ニューヨーク大学を経て2005年より現職。2018年理化学研究所創薬・医療技術基盤プログラム・プロジェクトリーダー(兼務)。専門は腫瘍生物学、分子標的治療。染色体末端テロメアの研究を基軸に、核酸の特殊形態やタンパク質の翻訳後修飾を標的とした、新たな創薬をめざしています

進化するがん創薬―がん科学と薬物療法の最前線(DOJIN BIOSCIENCE SERIES〈32〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:化学同人 ※出版地:京都
著者名:清宮 啓之(編)
発行年月日:2019/06/20
ISBN-10:4759817336
ISBN-13:9784759817331
判型:B5
対象:専門
発行形態:全集叢書
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:324ページ
縦:26cm
他の化学同人の書籍を探す

    化学同人 進化するがん創薬―がん科学と薬物療法の最前線(DOJIN BIOSCIENCE SERIES〈32〉) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!