台湾レトロ氷菓店―あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 [単行本]
    • 台湾レトロ氷菓店―あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 [単行本]

    • ¥1,87057ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
台湾レトロ氷菓店―あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003143222

台湾レトロ氷菓店―あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 [単行本]

価格:¥1,870(税込)
ポイント:57ポイント(3%還元)(¥57相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月27日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:グラフィック社
販売開始日: 2019/06/10
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

台湾レトロ氷菓店―あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    かき氷はセンチメンタル。台湾じゅうの氷菓店をめぐったエッセイ&ガイド。
  • 目次

    ・宜蘭 小涼園/素朴な八寶冰とあふれる情緒 ・花蓮 金城冰果室/かき氷食堂の人情モザイク ・花蓮 廟口紅茶と南僑行/鋼管紅茶は百万元の甘酸っぱさ ・花蓮 豊春冰果店/無添加のサトウキビかき氷で六十年 ・台東 正東山冰店/お客さまのための道徳的な調理法 ・恒春 阿伯緑豆饌/屋台からはじめて四十年 温冷お好みでどうぞ ・旗山 常美冰店/真心たっぷりな氷の魔法使い ・旗山 朝林冰果室/店主のひらめきが地元のソウルフードに ・嘉義 阿娥手工刨冰/素手で削られた氷は支えあう家族の味 ・台南 江水號/八十年の技、手刀で切る団子 ・佳里 美娜冰果室/庶民の美意識と日常の優雅さ ・新化 共益冰果室/トマトとミルクティーのおいしい関係 ・麻豆 龍泉冰店/愛玉に心をこめて六十年 ・鹽水 銀鋒冰果室/遺跡のような店が守る昔ながらの製法 ・草屯 光明冰果室/時代の輝き、色褪せない美味しさ ・霧峰 牛乳大王/助けあいながら歩む人情の甘酸っぱさ ・豊原 金樹冰果室/夏も冬もおいしい四季のお楽しみ ・後龍 邱家杏仁露/素手で削るかき氷名人の人情五十年 ・苗栗 湯記/あつあつグルメにひんやりグルメ ・頭份 旭光冰果店/大切にされてきた道具の美しさ ・中壢 益新冰果室/三代の情熱が守る、すっきり爽快な味 ・台北 珍果冰果室/一級なのに低価格 華麗なスタイルでお届け
    【職人たちに出会う】
    一:氷を作って八十三年 旗山製冰廠
    二:台湾最高齢、最後のアイスクリームディッシャー職人
    三:手作りの昔懐かしいお碗 立晶四代窯
  • 出版社からのコメント

    なぜか日本人にも懐かしい 台湾老舗かき氷店エッセイ
  • 内容紹介

    台湾の人びとに昔から親しまれてきた氷菓店。
    かき氷やアイスなどのデザート、飲みもの、軽食などを出す、普段づかいの飲食店だ。
    懐かしい思い出を胸に、台湾じゅうの氷菓店をめぐった著者の、美味と店主達の心意気に触れる旅を記した、新しいカタチのエッセイ&ガイド。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    チェン,ハリー(チェン,ハリー/Chen,Hally)
    本名は陳嵩嵐、台北生まれ。1996年よりCDのデザインをはじめる。その作品は台湾のグラミー賞と呼ばれる金曲奨や美国IMA独立音楽奨にノミネートされるなど、高い評価を得ている。2008年より雑誌でコラムの執筆を開始。写真と文章を通じて、日常生活の中にある人情を追い求める。美食、雑貨、文化などを長年訪ね歩いた経験を活かし、近年、趣ある食文化を記録

    中村 加代子(ナカムラ カヨコ)
    東京生まれ。台湾人の母と、台湾人と日本人の間に生まれた父を持つ。慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了。ライター。谷中・根津・千駄木界隈の本好きの集まり「不忍ブックストリート」の実行委員として、2006年より「一箱古本市」の運営や「不忍ブックストリートMAP」の編集に携わる。2017年に発足した、台湾の本に関する情報を日本に発信するユニット「太台本屋tai‐tai books」の一員
  • 著者について

    ハリー・チェン (ハリー チェン)
    本名は陳嵩嵐、台北生まれ。
    1996年よりCDのデザインをはじめる。
    その作品は台湾のグラミー賞と呼ばれる金曲奨や美国IMA独立音楽奨にノミネートされるなど、高い評価を得ている。
    2008年より雑誌でコラムの執筆を開始。写真と文章を通じて、日常生活の中にある人情を追い求める。
    美食、雑貨、文化などを長年訪ね歩いた経験を活かし、近年、趣ある食文化を記録。
    著書に『人情咖啡店』『喫茶萬歲』がある。

    中村 加代子 (ナカムラ カヨコ)
    東京生まれ。台湾人の母と、台湾人と日本人の間に生まれた父を持つ。
    慶應義塾大学大学院社会学研究科修士課程修了。ライター。
    谷中・根津・千駄木界隈の本好きの集まり「不忍ブックストリート」の実行委員として、2006年より「一箱古本市」の運営や「不忍ブックストリートMAP」の編集に携わる。
    2017年に発足した、台湾の本に関する情報を日本に発信するユニット「太台本屋tai-tai books」の一員。

台湾レトロ氷菓店―あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 の商品スペック

商品仕様
出版社名:グラフィック社
著者名:ハリー チェン(著)/中村 加代子(訳)
発行年月日:2019/06/25
ISBN-10:4766131940
ISBN-13:9784766131949
判型:B6
対象:実用
発行形態:単行本
内容:家事
言語:日本語
ページ数:271ページ
縦:20cm
他のグラフィック社の書籍を探す

    グラフィック社 台湾レトロ氷菓店―あの頃の甘味と人びとをめぐる旅 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!