じゃじゃ馬にさせといて [単行本]
    • じゃじゃ馬にさせといて [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003143393

じゃじゃ馬にさせといて [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2019/06/27
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 150936位

じゃじゃ馬にさせといて [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    時代を切り拓く表現者たちが、世界にかけられた「呪い」を解いてくれる―「新しい女」がつくる作品に育まれた、注目の作家の日常とは?偏愛するドラマから、セレブの炎上事件が象徴するアメリカの今、ウィメンズ・マーチに参加して思うこと、カンヌ映画祭での奇跡のような出会いまで、数年分の足跡を綴った、カルチャー情報満載のとっておきエッセイ。「ELLE JAPON」の人気連載を書籍化。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    それは誰の「幸福」なのか1
    「生理くらいで身構えすぎ」
    「え、バター温めてくれたの?」
    キラキラしない日常を生きる
    こ、これがガールパワーってやつか!
    人生が変わった『白鳥の湖』
    愛は愛、人は人
    生き残る女の子は進化する
    私の90年代を肯定してくれてありがとう
    合言葉は「Good boy!」、じゃなくて「Good girl!」〔ほか〕
  • 出版社からのコメント

    世界にきらめく映画や舞台を摂取して暮らす、注目の作家の日常とは? 数年分の足跡を綴った、カルチャーシーンの歩き方的エッセイ。
  • 内容紹介

    楽しむ先に世界は開く。鮮やかに時代を更新する作家のカルチャー見聞録。世界に燦然ときらめく映画や舞台の数々。そんな作品を摂取するように暮らす、注目の作家の日常とは? 偏愛して繰り返し見ているドラマから、セレブの炎上事件が象徴するアメリカの今、ウィメンズ・マーチに参加して思うこと、カンヌ映画祭での奇跡のような出会いまで。数年分の足跡を綴った、カルチャーシーンの歩き方。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松田 青子(マツダ アオコ)
    1979年兵庫県生まれ。作家、翻訳家。同志社大学文学部英文学科卒業

じゃじゃ馬にさせといて [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:松田 青子(著)
発行年月日:2019/06/25
ISBN-10:4103500123
ISBN-13:9784103500124
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:167ページ
縦:20cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:252g

    新潮社 じゃじゃ馬にさせといて [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!