路地裏で考える―世界の饒舌さに抵抗する拠点(ちくま新書) [新書]
    • 路地裏で考える―世界の饒舌さに抵抗する拠点(ちくま新書) [新書]

    • ¥85826ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003145261

路地裏で考える―世界の饒舌さに抵抗する拠点(ちくま新書) [新書]

価格:¥858(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:筑摩書房
販売開始日:2019/07/06
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 13251位

路地裏で考える―世界の饒舌さに抵抗する拠点(ちくま新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人々はみな「いまだけ」「ここだけ」「お金だけ」という世界を生きるようになっている。そこで効率よく生産し、可処分所得を稼ぐことこそが「よいこと」とされ、それらができないものは弱者として切り捨てられていく。しかし、そういったシステムでは誰もが幸せになることはできない。そこで、本書では生活者の視点からそれらのシステムを捉え返し、いかにして乗り越えることが可能なのかを様々な事例から明らかにしていく。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 路地裏の思想(経済成長していく時代のシンボル―『あしたのジョー』から『釣りバカ日誌』まで
    家族が崩壊した時代の新しい共同体
    成長よりも持続を主眼にした経済―乞食の思想 ほか)
    第2章 映画の中の路地裏(明日から世界が違って見える―『オアシス』
    生き延びるためのコミュニティ―『湯を沸かすほどの熱い愛』と『万引き家族』
    文明という悪魔―『コイサンマン』 ほか)
    第3章 旅の途中で(鳥と熊と山姥と―姥湯温泉
    『乱れる』の舞台を歩く―銀山温泉
    映画館と織物の余韻―青梅 ほか)
  • 出版社からのコメント

    人生の最後尾、負け犬が集う場末、消費から遠い地……。そんな場所からみえた「右肩下がりの時代」を生き延びるための哲学がここに。
  • 内容紹介

    様々なところで限界を迎えている日本。これまでシステムに背を向け、半径三百メートルで生きていくことを決めた市井の思想家がこれからの生き方を提示する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    平川 克美(ヒラカワ カツミ)
    1950年東京生まれ。著述家、早稲田大学講師。2014年3月より池上線荏原中延に「隣町珈琲」を開き、店主となる

路地裏で考える―世界の饒舌さに抵抗する拠点(ちくま新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:筑摩書房
著者名:平川 克美(著)
発行年月日:2019/07/10
ISBN-10:4480072365
ISBN-13:9784480072368
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:217ページ
縦:18cm

    筑摩書房 路地裏で考える―世界の饒舌さに抵抗する拠点(ちくま新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!