森と人間と林業―生産林を再定義する [単行本]
    • 森と人間と林業―生産林を再定義する [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003145270

森と人間と林業―生産林を再定義する [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日:2019/07/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 169505位

森と人間と林業―生産林を再定義する [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    豊かな森林資源が成熟期に入りつつある日本列島の森林管理とは、人間社会と森林生態系の相互作用である。言い換えれば、森との永遠の会話が、美しく生産力豊かな森を作り上げる。素材産業からエネルギーまで、「木材復権の世紀」と言われる21世紀の大きな成長余力を持った産業である日本林業。その復活の道筋を、100年以上に及ぶ長いスパンでの需要変化に柔軟に対応できる育林・出材の仕組みから明快に示す。
  • 目次

    まえがき

    序章 日本林業の心理と行動
    1 森との永遠の会話
    2 大きなチャンス
    3 「木材栽培業」の不条理
    4 日本林業、こうすれば復活する
    5 日本林業近代化の道

    第1章 森と木の文明史的意義
    1 木材活用の意味するもの
    2 木材の長所
    3 木材の新用途

    第2章 日本林業の基本問題と基本対策
    1 日本林業はこれから伸びる
    2 林政が目指す方向とは
    3 「外材問題」の所在
    4 「木材革命」が折伏した役物信仰
    5 好況時代
    6 「拡大造林」の原罪
    7 乾燥の勧め
    8 林業における流通の意義
    9 里山の意味と意義

    第3章 ドイツ近代林業前史
    1 近世林業の誕生と破綻
    2 近代林業の曙
    3 ターラント学派の限界

    第4章 ドイツ近代林業の個性
    1 ドイツ近代林業の確立
    2 「合自然的かつ近自然的林業」とは何か
    3 近代都市における森とは何か
    4 近代林業の経済的メリット
    5 「多機能林業」
    6 「フリースタイル林業」
    7 「恒続林施業」

    第5章 林業人はいかにして育てられるか
    1 林業は「人」なり
    2 初等教育と「森の幼稚園」
    3 中等教育
    4 零細林家と林業作業員の育成制度
    5 上級林業人と高等林業人の育成制度
    6 ドイツ語圏の「フォレスター」
    7 日本林業と担い手問題

    第6章 森へ行こうよ
    1 ドイツ人にとってのウアラウプ
    2 最も人気のある滞在地は森
    3 森での歩きのレクリエーション
    4 森の宿

    第7章 日本林業で実践されていたドイツロマン主義林業
    1 回顧
    2 接点
    3 暁鐘

    あとがき
    索引
    著者紹介
  • 出版社からのコメント

    日本林業近代化の道筋を100年以上に及ぶ長いスパンでの需要変化に柔軟に対応できる育林・出材の仕組みを解説しながら明快に示す。
  • 内容紹介

    豊かな森林資源が成熟期に入りつつある日本列島の森林管理とは、人間と森林生態系の相互作用としての林業を指す。
    素材産業からエネルギーまで「木材復権の世紀」と言われる21世紀の大きな成長余力を持った産業である日本林業近代化の道筋を、100年以上に及ぶ長いスパンでの需要変化に柔軟に対応できる育林・出材の仕組みを解説しながら、明快に示す。

    図書館選書
    豊かな森林資源が成熟期に入りつつある日本列島の森林管理とは、人間と森林生態系の相互作用としての林業を指す。日本林業近代化の道筋を、長いスパンでの需要変化に柔軟に対応できる育林・出材の仕組みを解説し明快に示す。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村尾 行一(ムラオ コウイチ)
    1934年、旧関東州大連市に生まれる。東京大学農学部卒業、同大学院農学系研究科博士課程修了、農学博士、ミュンヘン大学経済学部留学。国有林・林業経営研究所研究員、京都大学農学部助手、東京大学農学部助手、ミュンヘン大学林学部客員講師、愛媛大学農学部教授を歴任
  • 著者について

    村尾行一 (ムラオコウイチ)
    1934年、旧関東州大連市に生まれる。
    東京大学農学部卒業、同大学院農学系研究科博士課程修了、農学博士、ミュンヘン大学経済学部留学。
    国有林・林業経営研究所研究員、京都大学農学部助手、東京大学農学部助手、ミュンヘン大学林学部客員講師、
    愛媛大学農学部教授を歴任。
    著書に、『木材革命』(農山漁村文化協会)、『東濃檜物語』(都市文化社 編著)
    『これからの日本の森林づくり』(ナカニシヤ出版 共著)など多数。
    近著『森林業―ドイツの森と日本林業』は大きな反響をよんでいる。

森と人間と林業―生産林を再定義する [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:村尾 行一(著)
発行年月日:2019/07/31
ISBN-10:4806715840
ISBN-13:9784806715849
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:農林業
言語:日本語
ページ数:242ページ
縦:19cm

    築地書館 森と人間と林業―生産林を再定義する [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!