千夜千冊エディション ことば漬(角川ソフィア文庫) [文庫]
    • 千夜千冊エディション ことば漬(角川ソフィア文庫) [文庫]

    • ¥1,40843ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003148071

千夜千冊エディション ことば漬(角川ソフィア文庫) [文庫]

価格:¥1,408(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2019/06/14
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

千夜千冊エディション ことば漬(角川ソフィア文庫) の 商品概要

  • 目次

    第一章 省く・縮める
    高柳蕗子 『はじめちょろちょろなかぱっぱ』七七九夜
    金子兜太・あらきみほ 『小学生の俳句歳時記』三六二夜
    蕗谷虹児 『花嫁人形』五六九夜
    種田山頭火 『山頭火句集』三三〇夜
    石川桂郎 『俳人風狂列伝』一二二夜
    寺山修司 『寺山修司全歌集』四一三夜
    俵万智 『サラダ記念日』三一二夜
    平田俊子 『平田俊子詩集』一九三夜
    外山滋比古 『省略の文学』三九九夜
    芥川龍之介 『侏儒の言葉』九三一夜
    第二章 類で分けて
    大野晋・浜西正人 『角川類語新辞典』七七五夜
    水庭進編 『現代俳句表記事典』一一八四夜
    芳賀綵ほか 『あいまい語辞典』一〇三夜
    W・J・ポール『あいづち・つなぎ語辞典』七九七夜
    ベルクゼン 『プラスチック・ワード』一六八五夜…… 127
    ジェローム・デュアメル 『世界毒舌大辞典』二四九夜
    大槻ケンヂ 『ボクはこんなことを考えている』一七六夜
    松本修『全国アホバカ分布考』七一八夜
    尾佐竹猛 『下等百科辞典』三〇三夜
    クレア・マリイ 『「おネエことば」論』一五三三夜
    きたやまようこ 『犬のことば辞典』二四二夜
    第三章 日本語の謎
    小池清治 『日本語はいかにつくられたか』一六九七夜
    馬渕和夫 『五十音図の謎』五一一夜
    清水真澄 『読経の世界』六一二夜
    イ・ヨンスク 『国語という思想』一〇八〇夜
    福田恒存 『私の国語教室』五一四夜
    水村美苗 『日本語が亡びるとき』一六九九夜
    リービ英雄 『日本語を書く部屋』四〇八夜
    イアン・アーシー『怪しい日本語研究室』五七九夜
    高橋輝次編著 『誤植読本』五六七夜
    第四章 ことばと背景
    ヨン=ロアル・ビョルクヴォル 『内なるミューズ』六二五夜
    アンドレ・グロワ=グーラン 『身ぶりと言葉』三八一夜
    大室幹雄 『正名と狂言』四二五夜
    オリヴィエ・ルブール 『レトリック』一〇二〇夜
    ロジャー・シャンク 『人はなぜ話すのか』五三五夜
    ダニエル・シャクター 『なぜ「あれ」が思い出せなくなるのか』六〇六夜
    ドイッチャー 『言葉が違えば、世界も違って見えるわけ』一六九五夜
    ネトル&ロメイン 『消えゆく言語たち』四三二夜
    伊東三郎 『ザメンホフ』九五八夜
  • 出版社からのコメント

    本は遊びたがっている。知はつながりたがっている。これは文庫革命だ!
  • 内容紹介

    第一章 省く・縮める
    高柳蕗子 『はじめちょろちょろなかぱっぱ』七七九夜
    金子兜太・あらきみほ 『小学生の俳句歳時記』三六二夜
    蕗谷虹児 『花嫁人形』五六九夜
    種田山頭火 『山頭火句集』三三〇夜
    石川桂郎 『俳人風狂列伝』一二二夜
    寺山修司 『寺山修司全歌集』四一三夜
    俵万智 『サラダ記念日』三一二夜
    平田俊子 『平田俊子詩集』一九三夜
    外山滋比古 『省略の文学』三九九夜
    第二章 類で分けて
    大野晋・浜西正人 『角川類語新辞典』七七五夜
    水庭進編 『現代俳句表記事典』一一八四夜
    芳賀綵ほか 『あいまい語辞典』一〇三夜
    W・J・ポール『あいづち・つなぎ語辞典』七九七夜
    ベルクゼン 『プラスチック・ワード』一六八五夜…… 127
    ジェローム・デュアメル 『世界毒舌大辞典』二四九夜
    大槻ケンヂ 『ボクはこんなことを考えている』一七六夜
    松本修『全国アホバカ分布考』七一八夜
    尾佐竹猛 『下等百科辞典』三〇三夜
    きたやまようこ 『犬のことば辞典』二四二夜
    第三章 日本語の謎
    小池清治 『日本語はいかにつくられたか』一六九七夜
    馬渕和夫 『五十音図の謎』五一一夜
    清水真澄 『読経の世界』六一二夜
    イ・ヨンスク 『国語という思想』一〇八〇夜
    福田恒存 『私の国語教室』五一四夜
    水村美苗 『日本語が亡びるとき』一六九九夜
    第四章 ことばと背景
    ヨン=ロアル・ビョルクヴォル 『内なるミューズ』六二五夜
    アンドレ・グロワ=グーラン 『身ぶりと言葉』三八一夜
    大室幹雄 『正名と狂言』四二五夜
    オリヴィエ・ルブール 『レトリック』一〇二〇夜
    ロジャー・シャンク 『人はなぜ話すのか』五三五夜
    ダニエル・シャクター 『なぜ「あれ」が思い出せなくなるのか』六〇六夜
    など。

    図書館選書
    ことばは言い回しによって標語にも逆説にも反論にも暴力にもなる。和歌、俳句、辞典、国語、言語、レトリック・・・。あらゆる角度から「ことば」に取り組んだ先人たちの足跡から、ことば の魔力に迫る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    松岡 正剛(マツオカ セイゴウ)
    編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。日本文化、芸術、生命哲学、システム工学など多方面におよぶ研究を情報文化技術に応用する「編集工学」を確立。2000年、イシス編集学校をネット上に開校し約600名の師範代を育成。編集術を広く伝授している
  • 著者について

    松岡 正剛 (マツオカ セイゴウ)
    編集者、著述家、日本文化研究者。編集工学を提唱。 京都市出身。東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授を歴任。現在、株式会社松岡正剛事務所代表取締役、編集工学研究所所長、ISIS編集学校校長、連志連衆會理事。

千夜千冊エディション ことば漬(角川ソフィア文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:松岡 正剛(著)
発行年月日:2019/06/25
ISBN-10:4044003572
ISBN-13:9784044003579
判型:新書
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:398ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 千夜千冊エディション ことば漬(角川ソフィア文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!