骸骨巡礼 イタリア・ポルトガル・フランス編(新潮文庫) [文庫]
    • 骸骨巡礼 イタリア・ポルトガル・フランス編(新潮文庫) [文庫]

    • ¥78124ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月21日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003149175

骸骨巡礼 イタリア・ポルトガル・フランス編(新潮文庫) [文庫]

価格:¥781(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月21日月曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2019/06/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 31665位

骸骨巡礼 イタリア・ポルトガル・フランス編(新潮文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ローマの教会やリスボンの墓地、パリの大聖堂。南欧の明るい日差しの下、理性的なはずの欧州に、骸骨で部屋を飾りつけた納骨堂や日本では見かけないような奇妙な墓がある。日本人とヨーロッパ人との身体感の相違に着目し、自然と社会における森羅万象に思いを馳せる。意識と感覚の関係を考察し、無言の死体と格闘する「修行」を通じて辿りついた悟りともいえる新境地!怖面白い48頁のカラー写真満載。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 死者は時間を超越する
    第2章 イタリア式納骨堂
    第3章 ウソ学入門
    第4章 フィレンツェと人体標本
    第5章 ポルトガルの納骨堂
    第6章 王の最後の姿
    第7章 墓とはなにか
    第8章 感覚の優位
  • 内容紹介

    ローマの教会やリスボンの墓地、パリの大聖堂。南欧の明るい日差しの下、理性的なはずの欧州に、骸骨で部屋を飾りつけた納骨堂や日本では見かけないような奇妙な墓がある。日本人とヨーロッパ人との身体感の相違に着目し、自然と社会における森羅万象に思いを馳せる。意識と感覚の関係を考察し、無言の死体と格闘する「修行」を通じて辿りついた悟りともいえる新境地! 『骸骨考』改題。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    養老 孟司(ヨウロウ タケシ)
    1937(昭和12)年、鎌倉生れ。解剖学者。東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。心の問題や社会現象を、脳科学や解剖学などの知識を交えながら解説し、多くの読者を得た。’89(平成元)年『からだの見方』でサントリー学芸賞受賞。新潮新書『バカの壁』は大ヒットし2003年のベストセラー第1位、また新語・流行語大賞、毎日出版文化賞特別賞を受賞した。大の虫好きとして知られ、昆虫採集・標本作成を続けている。著書多数

骸骨巡礼 イタリア・ポルトガル・フランス編(新潮文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:養老 孟司(著)
発行年月日:2019/07/01
ISBN-10:4101308438
ISBN-13:9784101308432
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:199ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:1cm
重量:157g
その他:『骸骨考』改題書

    新潮社 骸骨巡礼 イタリア・ポルトガル・フランス編(新潮文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!