赤ずきんと狼王(角川つばさ文庫 E く 1-4 プリンセス・ストーリーズ) [新書]

販売休止中です

    • 赤ずきんと狼王(角川つばさ文庫 E く 1-4 プリンセス・ストーリーズ) [新書]

    • ¥74845ポイント(6%還元)
100000009003149718

赤ずきんと狼王(角川つばさ文庫 E く 1-4 プリンセス・ストーリーズ) [新書]

久美 沙織(著)POO(画)
  • 4.5
価格:¥748(税込)
ポイント:45ポイント(6%還元)(¥45相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2019/07/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

赤ずきんと狼王(角川つばさ文庫 E く 1-4 プリンセス・ストーリーズ) の 商品概要

  • 目次

    1 赤いマントの女の子
    2 ジャックとアンナ
    3 逃げて!
    4 ねらわれる理由
    5 アンナの家へ
    6 王弟殿下とダズリン卿
    7 馬に乗って
    8 ハンスおじさんの家で
    9 帰還
    10 マイケルおじさんの興味関心
    11 歓迎晩餐会
    12 ラグーの女
    13 もどれない
    14 地下牢
    15 アンナはどこ?
    16 マイケルの実験
    17 その日
    18 星の記憶
    19 真相
    20 決戦
    21 あなたのえもの
    22 大団円

    あとがき
  • 出版社からのコメント

    おとぎ話の『赤ずきん』が、大どんでん返しのミステリーに大変身!!
  • 内容紹介

    「えっ? 赤ずきんと狼がお城のナゾにいどむ!?」
    【みんな知ってる『赤ずきん』の大どんでん返しミステリー!】

    ●あらすじ
    赤ずきんのアンナは魔女見習い。森に住むおばあちゃんに魔法を習ってます。森には怖~い狼もいますが大丈夫。だってその狼、実は男の子で、アンナの大親友なんです!
    ある日、アンナたちは森で美しい少年を救います。彼はこの国の王子で、『影』と呼ばれる自分の兵隊に暗殺されかけたそうで…。
    誘拐事件、人間チェス、王殺し――やがてアンナはお城のとんでもない秘密にたどりつきます!
    大人気のおとぎ話シリーズ第4弾!


    人狼のジャックは、アンナの幼なじみ。
    昔から大の仲良しなのですが、最近ちょっとそっけないんです……。
    そんなとき、ヘンリー王子があらわれ、
    「お妃になってほしい」
    と、アンナにプロポーズしました!
    【おとぎ話の赤ずきんがドラマチックに大変身!】

    図書館選書
    魔女見習いの赤ずきんは、人狼ジャックと大の仲良し。ある日、二人は森で美しい少年を救います。彼はこの国の王子で、何者かに命をねらわれてるというのですが…。おとぎ話の『赤ずきん』が恋のミステリーに大変身!
  • 著者について

    久美 沙織 (クミ サオリ)
    1959年、岩手県盛岡市生まれ。上智大学在学中に作家デビュー。フィクション、ノンフィクションを問わずさまざまなジャンルの作品を手がけ、ゲームやコミックのノベライズなどもおこなう。おもな著作に「プリンセス・ストーリーズ」シリーズ(角川つばさ文庫)、『丘の家のミッキー』(集英社)など多数。
    公式サイト「久美蔵」http://kumikura.jp/

    POO (プー)
    東京都在住のイラストレーター。現代的な学園物から近未来ファンタジーまで、いろいろな世界観の絵をえがく。「プリンセス・ストーリーズ」シリーズや『新訳 雪の女王 アンデルセン名作選』(角川つばさ文庫)の装画を担当。公式サイトhttp://karma.hacca.jp/

赤ずきんと狼王(角川つばさ文庫 E く 1-4 プリンセス・ストーリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:久美 沙織(著)/POO(画)
発行年月日:2019/07
ISBN-10:4046319097
ISBN-13:9784046319098
判型:B6
対象:児童
発行形態:新書
内容:外国文学小説
言語:日本語
ページ数:233ページ
縦:18cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 赤ずきんと狼王(角川つばさ文庫 E く 1-4 プリンセス・ストーリーズ) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!