ニューエクスプレスプラスバスク語 [ムックその他]
    • ニューエクスプレスプラスバスク語 [ムックその他]

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月31日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003149868

ニューエクスプレスプラスバスク語 [ムックその他]

価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月31日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:白水社
販売開始日: 2019/07/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ニューエクスプレスプラスバスク語 [ムックその他] の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    スペインとフランスにまたがるバスク地方で80万人が話す、他のどんな言語とも似ていない系統不明の魅惑の言語を学んでみませんか。
  • 内容紹介

    他のどれにも似ていない系統不明の言語を学ぶ楽しさ

     スペインとフランスにまたがるバスク地方。そこで80万人が話すバスク語は、他のどんな言語とも似ていない系統不明の言語で、能格という珍しい格があったり、助動詞の活用に目的語も関わったり、慣れるまでに少し時間がかかるかもしれません。そのせいか「悪魔も習得を諦めた言語」なんて言われますが、文字はだいたいローマ字読み、文法も例外は少なく、実は勉強が進むとどんどん楽になっていきます。CDとアプリで音声も聴けるこの本で始めましょう。
  • 著者について

    吉田 浩美 (ヨシダ ヒロミ)
    早稲田大学第一文学部卒、東京大学人文社会系研究科言語学専門分野博士課程修了。博士(文学)。神戸市外国語大学客員研究員、早稲田大学などで非常勤講師。専門分野は言語学。バスク語諸方言の音韻と文法に関する現地調査を行っている。博士論文は『バスク語アスペイティア方言の主要な動詞述語に関する記述的研究』(2001年、東京大学)。主要著訳書:『バスク語会話練習帳』、『バスク語基礎1500語』、『バスク語常用6000語』、『バスクの伝説』(以上大学書林)、『バスク語のしくみ』(白水社)、『現代バスクを知るための50章』(明石書店、萩尾生氏との共編)、ベルナト・エチェパレ著『バスク初文集』(平凡社、萩尾生氏との共訳)、フェルミン・ムグルサ、アルカイツ・カノ著『ブラック・イズ・ベルツァ』(ロケット・ミュージック)、“Nagusia kanpoan bizi da”(Katakrak、小林多喜二「不在地主」「一九二八年三月十五日」のバスク語訳)、“Chuya Nakahara”(Susa literatura、中原中也の詩のアンソロジーのバスク語訳)

ニューエクスプレスプラスバスク語 [ムックその他] の商品スペック

商品仕様
出版社名:白水社
著者名:吉田 浩美(著)
発行年月日:2019/07
ISBN-10:456008842X
ISBN-13:9784560088425
判型:A5
対象:専門
内容:外国語
言語:日本語
ページ数:168ページ
縦:21cm
その他:付属資料:コンパクトディスク(1枚)
他の白水社の書籍を探す

    白水社 ニューエクスプレスプラスバスク語 [ムックその他] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!