スピントロニクスの物理―場の理論の立場から(物質・材料テキストシリーズ) [単行本]
    • スピントロニクスの物理―場の理論の立場から(物質・材料テキストシリーズ) [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月19日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003150622

スピントロニクスの物理―場の理論の立場から(物質・材料テキストシリーズ) [単行本]

価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月19日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:内田老鶴圃
販売開始日:2019/06/06
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 180751位

スピントロニクスの物理―場の理論の立場から(物質・材料テキストシリーズ) の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第0章 物質の基本事項
    第1章 磁性の記述
    第2章 スピントロニクス現象入門
    第3章 スピンに作用する有効電磁場
    第4章 平衡状態の場の理論と経路積分
    第5章 時間変化する場の理論
    第6章 スピントロニクスの場の理論
    付録A 経路積分の応用:超伝導
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    多々良 源(タタラ ゲン)
    1983年広島大学付属高等学校卒業。1992年東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了、博士(理学)取得。1992年東京大学大学院理学系研究科研究生。1994年理化学研究所基礎科学特別研究員。1996年大阪大学大学院理学研究科助手。2005年首都大学東京大学院理工学研究科准教授。2012年より独立行政法人理化学研究所創発物性科学研究センター(CEMS)チームリーダー(現職)兼任としてAlexander von Humboldt財団奨学研究員(1998‐1999)、科学技術振興機構戦略的創造研究推進事業個人型研究さきがけ研究員(2004‐2008)など

スピントロニクスの物理―場の理論の立場から(物質・材料テキストシリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:内田老鶴圃
著者名:多々良 源(著)
発行年月日:2019/06/15
ISBN-10:4753623149
ISBN-13:9784753623143
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
ページ数:232ページ
縦:21cm

    内田老鶴圃 スピントロニクスの物理―場の理論の立場から(物質・材料テキストシリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!