日本の戦後を知るための12人―池上彰の"夜間授業" [単行本]
    • 日本の戦後を知るための12人―池上彰の"夜間授業" [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年1月24日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003150959

日本の戦後を知るための12人―池上彰の"夜間授業" [単行本]

  • 4.0
価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年1月24日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2019/11/13
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

日本の戦後を知るための12人―池上彰の"夜間授業" の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「戦後日本」に対峙し、変革をもたらした型破りな12人の“功罪”で学ぶ現代史講義。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1回 田中角栄―今、見直される理由
    第2回 江副浩正―情報社会の開拓者
    第3回 小泉純一郎―断言する“変人”政治家
    第4回 中内〓―価格破壊の風雲児
    第5回 渡邉恒雄―読売帝国の支配者
    第6回 堤清二―詩人経営者の血脈
    第7回 村上世彰と堀江貴文―金儲け至上主義と国策捜査
    第8回 石原慎太郎―暴言と思いつきの長期都政
    第9回 池田大作と創価学会―政教分離と自公連立
    第10回 上皇陛下と上皇后・美智子さま―象徴天皇としての試行錯誤
  • 出版社からのコメント

    田中角栄、渡邉恒雄、ホリエモンに池田大作…。毀誉褒貶ありつつも戦後日本を決定づけた面々を池上解説。人物評論の形の戦後史です。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池上 彰(イケガミ アキラ)
    1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、73年にNHK入局。報道記者やキャスターを歴任する。94年から11年間「週刊こどもニュース」でお父さん役をつとめ、わかりやすい解説が話題に。2005年、NHK退職。以後、フリージャーナリストとして幅広く活躍中。東京工業大学リベラルアーツセンター教授を経て、16年4月より名城大学教授、東京工業大学特命教授。著書多数

日本の戦後を知るための12人―池上彰の"夜間授業" の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:池上 彰(著)
発行年月日:2019/11/15
ISBN-10:4163910611
ISBN-13:9784163910611
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:269ページ
縦:19cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 日本の戦後を知るための12人―池上彰の"夜間授業" [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!