対人援助の現場で使える質問する技術便利帖 [単行本]
    • 対人援助の現場で使える質問する技術便利帖 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003151505

対人援助の現場で使える質問する技術便利帖 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日:2019/07/16
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 14846位

対人援助の現場で使える質問する技術便利帖 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は、介護・福祉・医療・看護業界で働く専門職や、その他さまざまな現場で、さまざまな人の相談にのる方のため、仕事にすぐに役立つ「質問の技術」をやさしく解説する本です。
  • 目次

    第1章 もっと質問してみよう
     上手に質問できる援助職になろう
     質問して、引き出そう
     COLUMN:ナラティブアプローチ
     質問して、確かめよう
     COLUMN:対人認知
     質問して、好意を伝えよう
     質問して、会話を弾ませよう
     質問して、思考や気づきを促そう
     COLUMN:脳を活性化するのはアウトプット
     質問して、表現してもらおう
     COLUMN:他職種や上司に相談するときの質問

    第2章 質問力を高めよう
     質問は、一度に1つ!
     質問は短く、シンプルに!
     相手が話したいことを質問!
     質問で、広げる!
     質問で、深める!
     COLUMN:司法面接
     質問で、具体化する!
     ポジティブに質問!
     答えたくなる一言をプラス!
     COLUMN:「 お世辞を言う」と「褒める」は違う
     COLUMN:問いかけを変えると反応が変わる?!

    第3章 この質問では上手くいかない
     ワークシート:あなたの質問するときの癖は?
     相手を萎縮させてしまう質問
     COLUMN:合理化
     ワークシート:「なぜ」「どうして」を使わない質問
     相手がプレッシャーを感じる質問
     相手を混乱させてしまう質問
     COLUMN:これもダブルバーレル質問
     相手を誘導してしまう質問
     COLUMN:誤前提暗示
     相手を困らせてしまう質問
     相手を不愉快にさせてしまう質問
     COLUMN:自己開示の目的
     相手を置き去りにする質問
     COLUMN:尋問口調

    第4章 こんなときはこの質問!
     「はい」「いいえ」を特定したいとき
     ワークシート:クローズド・クエスチョン
     思いや考えを引き出したいとき
     ワークシート:オープン・クエスチョン
     程度を把握したいとき
     ワークシート:スケーリング・クエスチョン
     ポジティブに考えることを促したいとき
     COLUMN:ポジティブ心理学
     ワークシート:肯定質問
     未来志向で考えることを促したいとき
     ワークシート:未来質問
     解決のヒントを見つけたいとき
     COLUMN:学習性無力状態
     努力を承認したいとき
     見方を変えるとき
     COLUMN:2つの質問の組み合わせ

    第5章 訊いたら、聴く
     ワークシート:あなたの聴くときの癖は?
     COLUMN:聞く、聴く、訊く
     反応を示しながら聴こう
     受けとめて共有しよう
     理解したことを共有しよう
     COLUMN:相手の話を聞き逃すタイミング
     ワークシート:繰り返しの技法・言い換えの技法
     事実を確認しよう
     感情を確認しよう
     COLUMN:同情と共感
     ワークシート:共感の技法
     表現をサポートしよう
     COLUMN:建前と本音
     考える時間を保証しよう
     COLUMN:沈黙を破るタイミング
     情報を整理しよう
     熱心に耳を傾けていることを表現しよう
     COLUMN:話す意欲を低下させる防衛姿勢

    第6章 質問力を援助に活かそう
     質問力で対話を進める
     質問力で解決志向の援助をする
     COLUMN:解決志向アプローチ
     質問集:解決志向アプローチに有効な質問例
     質問力で行動変容を援助する
     質問力で自己決定を支援する
     質問集:目標達成をサポートする場合(GROWモデル)の質問例
     質問集:問題解決をサポートする場合の質問例
     質問力で意欲を高める
     質問力でストレスを緩和する
     COLUMN:心理社会的ストレスモデル
     質問集:ストレスを緩和させるために有効な質問例

  • 出版社からのコメント

    情報収集や円滑なコミュニケーションに必須な「質問する技術」を心理学をベースにやさしく解説。知っていると知らないでは大違い!
  • 内容紹介

    なんとなく「質問」していませんか?
    【心理学】に基づいた便利帖シリーズ、
    第2弾は「良い質問とそのパワー」です!

    対人援助の仕事は、相談からスタート。
    相手の状況や気持ちを知るために、
    要所要所での「質問」が不可欠です。

    とはいえ漠然と質問をするだけでは、
    相手から大事な話を引き出すことは難しいもの。

    本書では、「情報収集の技法」としてだけでなく、
    相手が話したいことを引き出して会話をはずませる
    重要な「コミュニケーション・ツール」として
    質問のテクニックを解説します!

    上手な質問ができるようになると、
    現場のさまざまな支援に活用できるだけでなく、
    職場内の人材育成(後輩へのコーチングなど)への
    効果も期待できますよ♪

    ■■■本書のポイント■■■
    ・心理学をベースとした、質問の技術をやさしく解説
    ・心理学用語からも引ける
    ・「チェックリスト(質問するときの癖、聴くときの癖など)や
     演習用ワークシートもご用意
    ・ワークシートはWebにてダウンロード提供

    ■■■著者について■■■
    大谷佳子
    Eastern Illinois University, Honors Program心理学科卒業、
    Columbia University, Teachers College教育心理学修士課程修了。
    現在、昭和大学保健医療学部講師。認定看護管理者制度ファーストレベル
    教育課程、及びサードレベル教育課程講師。認知症介護実践リーダー研修
    講師。介護相談員養成研修講師。
    その他、医療、福祉、教育の現場の援助職を対象に、コミュニケーション
    研修及びコーチング研修、スーパービジョン研修などを担当。
    主な著書に、
    『対人援助の現場で使える聴く・伝える・共感する技術便利帖』(翔泳社)、
    『基礎から学ぶ介護シリーズ利用者とうまくかかわるコミュニケーションの基本』
    『介護の○と×シリーズ コミュニケーション○と×』(中央法規出版/共著)など。

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大谷 佳子(オオヤ ヨシコ)
    Eastern Illinois University,Honors Program心理学科卒業、Columbia University,Teachers College教育心理学修士課程修了。現在、昭和大学保健医療学部講師。認定看護管理者制度教育課程講師。認知症介護実践リーダー研修講師。介護相談員養成研修講師。その他、医療、福祉、教育の現場の援助職を対象に、コミュニケーション研修及びコーチング研修、スーパービジョン研修などを担当

対人援助の現場で使える質問する技術便利帖 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:大谷 佳子(著)
発行年月日:2019/07/16
ISBN-10:4798159883
ISBN-13:9784798159881
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:159ページ
縦:21cm
横:19cm

    翔泳社 対人援助の現場で使える質問する技術便利帖 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!