刑事法の理論と実務 1 [単行本]
    • 刑事法の理論と実務 1 [単行本]

    • ¥4,620139ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003156425

刑事法の理論と実務 1 [単行本]

佐伯 仁志(編集委員)高橋 則夫(編集委員)只木 誠(編集委員)松宮 孝明(編集委員)
価格:¥4,620(税込)
ポイント:139ポイント(3%還元)(¥139相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:成文堂
販売開始日:2019/07/30
ご確認事項:返品不可

刑事法の理論と実務 1 [単行本] の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    刑法の過去・現在・未来(刑事司法における負の遺産―共謀共同正犯判例から共謀罪立法へ)
    理論と実務の交錯―正当防衛論の現在(正当防衛判断枠組の再構築―4ステップ論と「やむを得ずにした行為」への焦点化
    刑事弁護から見た正当防衛論の課題
    正当防衛判断の実践―平成29年決定を踏まえて
    対抗行為に先行する事情と正当防衛・過剰防衛の成否
    正当防衛論の課題)
    論争刑法―詐欺罪の保護法益(足立友子『詐欺罪の保護法益論』(弘文堂、2018)を読んで
    詐欺罪の保護法益論・再考―田山教授の批評に応えて)
    理論刑法学の最先端(刑罰論と自由刑の単一化
    犯罪論における同時存在原則について)
    海外の動向(アメリカ合衆国における連邦刑法の「拡大」
    ドイツにおける近年の刑法改正とその特徴について―スポーツ賭博詐欺罪及びプロ・スポーツ試合の不正操作罪を中心に)
  • 内容紹介

    「理論と実務の交錯」において、実務家と研究者の諸論稿を掲載し、理論刑法学と判例・実務の架橋を目指す。「論争刑法」「理論刑法学の最先端」「海外の動向」において理論刑法学の活性化をはかる。研究者および実務家対象の最新かつ高度な専門書。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐伯 仁志(サエキ ヒトシ)
    東京大学教授

    高橋 則夫(タカハシ ノリオ)
    早稲田大学教授

    只木 誠(タダキ マコト)
    中央大学教授

    松宮 孝明(マツミヤ タカアキ)
    立命館大学教授

刑事法の理論と実務 1 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:成文堂
著者名:佐伯 仁志(編集委員)/高橋 則夫(編集委員)/只木 誠(編集委員)/松宮 孝明(編集委員)
発行年月日:2019/07/20
ISBN-10:4792352800
ISBN-13:9784792352806
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:300ページ
縦:21cm

    成文堂 刑事法の理論と実務 1 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!