虐待父がようやく死んだ(バンブーエッセイセレクション) [コミック]
    • 虐待父がようやく死んだ(バンブーエッセイセレクション) [コミック]

    • ¥1,10033ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月24日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
虐待父がようやく死んだ(バンブーエッセイセレクション) [コミック]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003156616

虐待父がようやく死んだ(バンブーエッセイセレクション) [コミック]

価格:¥1,100(税込)
ポイント:33ポイント(3%還元)(¥33相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月24日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2019/08/16
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

虐待父がようやく死んだ(バンブーエッセイセレクション) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    虐待している親たちへ。子どもは忘れない。殴られ、引きずりまわされたこと。罵倒され、裏切り続けられたこと。そして覚えておいてほしい。あなたたちは年をとったときに、捨てられる運命だということを。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 何もできない幼少期
    第2章 性的虐待
    第3章 実家を出たけれど
    第4章 自分で作る家族
    第5章 父の死を前に
    第6章 父がいない世界
  • 出版社からのコメント

    父から母と子供に日常的に繰り返されるDV・虐待。父が死んだとき、憎しみはチャラになるのか?
  • 内容紹介

    本当は私が殺したかったのに――。

    父の死は私の“希望”。
    虐待を受け育った作者が描くコミックエッセイ。

    暴力・性的虐待・面前DV・人格否定。
    ――父が私にしたこと。これが、私の日常だった。

    子どもの頃は、家を出るお金もなければ、歯向かうための腕力もない。

    虐待する親の元に生まれた私には、耐えるしか道がなかった――。

    ――
    第1話 日常的なDVと虐待
    第2話 外面のいい父
    第3話 よりを戻す両親
    第4話 狂う母
    第5話 誰にも言えない
    第6話 私に流れる父の血
    第7話 恋愛依存
    第8話 全ては父のせい
    第9話 復讐失敗
    第10話 「私は悪くない」
    第11話 彼氏に依存する私
    第12話 自立したい
    第13話 結婚そして妊娠
    第14話 余命僅かの父
    第15話 虐待の連鎖
    第16話 子どもは親を選べない
    第17話 父の死は希望
    第18話 愛されたかった?
    第19話 気づいてしまった母の気持ち
    第20話 ただ普通の幸せが
    第21話 自分の人生を取り戻す
    ―――

    私はただ、普通の幸せが欲しかった。
    普通のお父さん、普通のお母さんが。

虐待父がようやく死んだ(バンブーエッセイセレクション) の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:あらい ぴろよ(著)
発行年月日:2019/08/23
ISBN-10:4801919804
ISBN-13:9784801919808
判型:A5
対象:一般
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:144ページ
縦:21cm
横:15cm
厚さ:2cm
重量:287g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 虐待父がようやく死んだ(バンブーエッセイセレクション) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!