農政改革-行政官の仕事と責任 [単行本]
    • 農政改革-行政官の仕事と責任 [単行本]

    • ¥1,72852ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003156790

農政改革-行政官の仕事と責任 [単行本]

価格:¥1,728(税込)
ポイント:52ポイント(3%還元)(¥52相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2019/07/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 4859位

農政改革-行政官の仕事と責任 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    強い既得権、しがらみが存在する産業領域をどう変えるのか―。農協改革など、数々の改革に携わった著者が自らの体験を語り、農業と行政の進むべき道を問う。
  • 目次

    第1章 行政官の役割

    第2章 農地バンク法を軸とする農政改革

    第3章 農協改革

    第4章 農業競争力強化 その他の農政改革

    第5章 林業・水産業改革

    第6章 行政における組織運営

    終 章 行政官の責任を果たすために
  • 出版社からのコメント

    強大な既得権が存在する産業の変化に、行政はどんな役割を果たしたのか。農協改革に携わった前農水次官が自身の体験を詳細に語る。
  • 内容紹介

    ☆強い既得権、しがらみが存在する産業領域をどのように変えていけばよいのか。農協改革をはじめ、行政官として、数々の改革に携わった前農水事務次官の著者が、自らの体験を語る。☆経済・社会環境の大きな変化など、改革が必要な状況にあって、どのように政策が立案され、利害関係者や政治との折衝など、具体的なルール、制度となっていくプロセスも詳細に語られる。また、さまざまな改革や政策策定における行政の役割も併せて明解に解説する。☆農政は、まさに国民の暮らしに直結する分野。これまでの改革、さらに今後の日本の農林水産業のあり方についても明示する本書は、農業、行政関係者、研究者のみならず、広く読まれるべき一冊である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    奥原 正明(オクハラ マサアキ)
    1955年生まれ。麻布高校・東京大学法学部卒業。1979年農林水産省入省。在ドイツ大使館1等書記官、大臣秘書官、食糧庁計画課長、農業協同組合課長、大臣官房秘書課長、水産庁漁政部長、消費・安全局長、経営局長等を経て、2016年6月農林水産事務次官。2018年7月農林水産省を退官

農政改革-行政官の仕事と責任 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:奥原 正明(著)
発行年月日:2019/07/23
ISBN-10:4532176689
ISBN-13:9784532176686
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:農林業
言語:日本語
ページ数:283ページ
縦:19cm

    日本経済新聞社 農政改革-行政官の仕事と責任 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!