1988年のパ・リーグ [単行本]

販売休止中です

    • 1988年のパ・リーグ [単行本]

    • ¥1,70552ポイント(3%還元)
100000009003156980

1988年のパ・リーグ [単行本]

価格:¥1,705(税込)
ポイント:52ポイント(3%還元)(¥52相当)
日本全国配達料金無料
出版社:新潮社
販売開始日:2019/07/13
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 62007位

1988年のパ・リーグ [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「昭和最後の年」となった、1988年―。南海・阪急の身売りと伝説の「10・19」の裏側で、「プロ球団を再び福岡に」と立ち上がった市民運動、そして、水面下で進んでいたもう一つの球団買収―。球史に残る激動の1年を、新事実で描く!!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 1988年10月19日
    第1章 「福岡にプロ野球を!」10・19の序曲・球団誘致活動
    第2章 無敵の若鷹軍団を創った中内〓の野球熱
    第3章 ロッテ、阪急、南海―水面下で進む駆け引き
    第4章 一筋縄では進まない球団買収を巡る虚々実々
    第5章 パ・リーグ最古球団、阪急の終幕
    第6章 そして迎えた、伝説のダブルヘッダー
  • 出版社からのコメント

    南海、阪急の身売りに、伝説の「10・19」ロッテVS近鉄の優勝決定戦――。各球団の思惑が渦巻いた激動の一年を新証言で綴る。
  • 内容紹介

    2球団身売りと、熾烈を極めた優勝の行方……球史に残る、昭和最後の1年を追う。リーグ制覇は共に10回、日本一は3回と2回――阪急・南海という、名門球団の電撃的な身売りの裏では、取引先銀行の特命チームによる水面下の秘密交渉があった。そしてペナントレースも終盤、ロッテとのダブルヘッダーの結果如何で、近鉄の優勝が左右される事になった88年のパ・リーグ。その激動の舞台裏を、新証言と資料で綴る。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山室 寛之(ヤマムロ ヒロユキ)
    1941年北京生まれ。日本エッセイスト・クラブ会員、野球史家。64年3月九州大学文学部卒。同年4月読売新聞社入社。広報部長、社会部長、西部本社編集局長を経て、98年6月東京読売巨人軍代表、01年読売新聞社総務局長、03年読売ゴルフ社長を歴任

1988年のパ・リーグ [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:山室 寛之(著)
発行年月日:2019/07/15
ISBN-10:4103527315
ISBN-13:9784103527312
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:239ページ
縦:20cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:368g

    新潮社 1988年のパ・リーグ [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!