もうすぐいなくなります-絶滅の生物学 [単行本]

販売休止中です

    • もうすぐいなくなります-絶滅の生物学 [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
100000009003156986

もうすぐいなくなります-絶滅の生物学 [単行本]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
日本全国配達料金無料
出版社:新潮社
販売開始日:2019/07/13
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 91160位

もうすぐいなくなります-絶滅の生物学 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    地球上に現れた生物の99%はすでに絶滅。人類は、いつ消える?そのあとは、牛の天下!?生命と進化の謎を解く一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 「強制終了」のような絶滅
    第2章 「絶滅」にはさまざまな理由がある―「絶滅」と「進化」の関係
    第3章 人間が滅ぼした生物と、人間が保護しようとする生物
    第4章 「絶滅危惧種」をめぐる状況
    第5章 どのような生物が「絶滅」しやすいのか
    第6章 「絶滅」とは何か
  • 出版社からのコメント

    地球上に現れた生物の99パーセントはすでに絶滅。人類は、いつ消える? そのあとは、牛の天下!? 生命と進化の謎を解く一冊。
  • 内容紹介

    生物の99%はすでに絶滅。人類はいつ絶滅する? その後は牛の天下!? 過去約6億年の間に、6度起きている生物の大量絶滅。はたして、絶滅しやすいのはどんな生物? 環境が激変したら、我々もやっぱり死に絶える? 人類亡きあと栄えるのはなんで牛? ネアンデルタール人は今もしぶとく生き延びていた? もうすぐいなくなってしまう数々の実例を紹介しながら、生命、そして進化の謎を解き明かす。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    池田 清彦(イケダ キヨヒコ)
    1947年、東京都生まれ。東京都立大学大学院生物学専攻博士課程単位取得満期退学。理学博士。生物学者。早稲田大学名誉教授。山梨大学名誉教授

もうすぐいなくなります-絶滅の生物学 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:池田 清彦(著)
発行年月日:2019/07/15
ISBN-10:4104231126
ISBN-13:9784104231126
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:207ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:275g

    新潮社 もうすぐいなくなります-絶滅の生物学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!