なぜ「あと1アウト」から逆転されるのか [単行本]
    • なぜ「あと1アウト」から逆転されるのか [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003157867

なぜ「あと1アウト」から逆転されるのか [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2019/08/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

なぜ「あと1アウト」から逆転されるのか [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    明徳義塾・馬淵史郎監督、履正社・岡田龍生監督ほか、超一流の指揮官、選手たちが語る、歴史的敗戦から学んだ勝利の方程式!
  • 目次

    第1章 明徳義塾
    「あと1アウト」を両方の立場から何度も経験した名将
    27個目のアウトは非常に難しい/勝ったと思ったときが、負けの始まり/
    打たれるときは、不思議と第一ストライクを打たれる/なぜ、土壇場で好守備が出るのか/
    “できることを確実にやること”が勝利を逃さないための条件/「あと1アウト」から勝利を逃さないために必要なこと
    【勝負脳の考察】脳が他の新しい情報に反応しないように注意する
    終わりを意識せず、最後の瞬間まで全力投球をする/環境の統一・一貫性を保つことで普段の能力を発揮する/
    失敗の連鎖が起きているときは、意図的に統一・一貫性を外す

    第2章 寝屋川
    スター軍団の大阪桐蔭を「あと1アウト」まで追い詰めた公立進学校
    審判も特別視するほどの最強・大阪桐蔭/大阪桐蔭打線を相手に3回までパーフェクトピッチング/
    集中力で根尾昴から2打席連続三振/7回終了時3点リードから、微妙な判定で1点差に/
    9回2アウトで「80パーセント勝ったな」と/打ち取ったセカンドゴロのトンネルから、悪夢のサヨナラ負け/
    悔やまれる、間の取り方と声のかけ方/うわべだけの“試合想定”は無意味
    【勝負脳の考察】緊張することで交感神経の働きが高まり、心臓や脳がフル回転する
    “引き算思考”ではなく“足し算思考”が勝利を呼び込む/壁を破るために必要なのは、高く具体的な目標設定/
    パフォーマンスが発揮できる適度な緊張状態をつくる/勝負に勝つためには、本番と同様に練習でも全力投球しなければいけない

    第3章 履正社
    宿敵・大阪桐蔭戦で「あと1アウト」から悪夢の四者連続四球で押し出し
    宿敵・大阪桐蔭戦で、公式戦未登板の投手を先発起用する奇策/勝つ確率を少しでも上げるためのひらめき/
    自信と冷静さから生まれた最高のスタート/相手が嫌がる間の駆け引きと配球で6回無失点/
    熱中症で記憶も握力もない中でのピッチング/9回1点リードで、バント失敗ゲッツーから2死走者なしに/
    意識朦朧の中、限界を超えて気力だけで投げるも四者連続四球/あのとき勝つためには、何をすべきだったのか/
    苦しいときこそ、第三者の目線に立つことが重要
    【勝負脳の考察】脳の使い方を変え、相手の立場で現在の状況を考える
    心技体を同時に鍛えてこそ、本来のパフォーマンスが発揮できる/相手の状況を洞察する勝負脳をフルに使う

    第4章 高知
    甲子園まで「あと1アウト」「あと1球」から喫した逆転劇
    チャンスの後にピンチが来る/悪い流れを変えるために指揮官が打った手/
    8回裏、打線がつながり一挙6得点で逆転して最終回へ/宿敵を相手に、甲子園まで「あと1アウト」/
    最後まで冷静だったエースが打たれた理由/目に見えない重圧が、身体に極度の疲労を呼ぶ/
    いかに目の前の1球、目の前の1プレーに集中させるかが重要
    【勝負脳の考察】脳の力をレベルダウンさせる練習の仕方では意味がない
    ネガティブに陥ったら、意図的に統一・一貫性を外す/脳は途中で新しい情報が入ると、新しい情報にのっとって働き出す/
    脳がフル回転して高い集中力を維持し続けるには、損得抜きで全力で取り組む

    第5章 玉野光南
    甲子園まで「あと2アウト」から一気に手にした “優勝”が前代未聞の幻に
    ピンチの連続をしのぎ、のちのプロ入り投手を相手に1-0で後半へ/練習で妥協しなかったことが一番の自信/
    1点リードのまま最終回に突入/最少得点差の重苦しい展開に耐えて“優勝”のはずが……/
    創志学園の猛烈な抗議から、2度にわたる協議へ/前代未聞の“優勝”が覆った判定/
    試合再開直後の魔の1球/“優勝”から一転、悪夢の逆転劇/「応援されるチーム、人間になろう」という手本のような選手たち/
    大一番の接戦になればなるほど、重要となる言葉の力/最後は、「オレがやってやる」という気持ちしかない
    【勝負脳の考察】気落ちするのは、気が緩み、脳が働かなくなる要因となる
    人間の脳の仕組みを逆手に取って攻める/「今はダメでも最後はやってやる!」という足し算思考に切り替える

    第6章 木更津総合
    甲子園で「あと1アウト」「あと1球」から微妙な判定によって敗北
    絶対王者・大阪桐蔭を破って生まれた自信/ビッグネームの高校に苦を感じない理由/
    絶対に先頭打者を打ち取りたいという想いが力みに/プロ注目の主砲を退け、勝利まで「あと1アウト」に/
    フルカウントから、会心のクロスファイヤーがボールの判定に/サヨナラを呼んでしまった、勝利を逃したという心境/
    自分を大きく成長させてくれた1球
    【勝負脳の考察】一定の環境を維持することで、脳は力を発揮しやすくなる
    本番で実力を出せない人は、ルーティンをつくって統一・一貫性を利用する/
    脳は「勝てた」と思った瞬間、目的を達成したと判断する

    第7章 木更津総合
    甲子園で3点リードの「あと1アウト」「あと1球」からの悪夢
    8回を終えて5対2、勝利は確実かと思われたが……/9回無死から連打を浴びて消えた余裕/
    2度目の「あと1球」で、平凡なゴロに打ち取るも……/9回4失点で、まさかの逆転負け/
    逆転を期待する異様な “宇宙空間”に呑み込まれないためには
    【勝負脳の考察】脳の仕組みを知り、ゾーンに入る方法を普段から意識して練習する
    「もうダメだ」と思うと、脳は思考停止状態になってしまう/ゾーンに入って、最高レベルの能力を発揮するためには
  • 出版社からのコメント

    高校野球で9回2アウトまでいきながら逆転負けを喫した当事者が、「最後のアウト」を取るために必要なことを明らかにする!
  • 内容紹介

    正念場で勝ち切る“勝負脳”を鍛えろ!
    明徳義塾・馬淵史郎監督、履正社・岡田龍生監督ほか、
    超一流の指揮官、選手たちが語る、歴史的敗戦から学んだ勝利の方程式!

    著者は、以下のように述べています。
    野球には、ホッとする瞬間がある。
    ピンチで2ストライクに追い込んだとき。
    先頭打者から二人を抑え、2アウトを取ったとき。
    ノーアウト満塁から二人を抑え、2アウトになったとき。
    そして、リードして9回2アウトを迎えたときだ。
    これらに共通するのは、終わりが見えていること。
    あと1ストライクで三振。あと1アウトで3アウト。あと1アウトでゲームセット。
    「あとひとつ」なのだ。
    そして、これらにもうひとつ共通することがある。
    それは、そこから打たれること、点を取られること、負けることだ。
    なぜ、そうなってしまうのか?
    それには、明確な理由がある。
    ゴールが見えたり、終わりがわかったりした途端、人間のパフォーマンスは落ちてしまう。
    実はこれは、脳の持つ本能に関係があるのだという。
    なぜ、「あと1アウト」から問題が発生するのか。
    本書で準備と確認をして、実際のプレーや指導に活かしてもらいたい――本文より
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田尻 賢誉(タジリ マサタカ)
    1975年兵庫県生。学習院大学卒。ラジオ局勤務を経てスポーツジャーナリストに。高校野球をはじめ、徹底した野球の現場取材に定評があるほか、指導者、中高生、父兄への講演活動も行っている。著書多数
  • 著者について

    田尻賢誉 (タジリマサタカ)
    1975年兵庫県生。
    学習院大学卒。
    ラジオ局勤務を経てスポーツジャーナリストに。
    高校野球をはじめ、徹底した野球の現場取材に定評があるほか、指導者、中高生、父兄への講演活動も行っている。
    『機動破壊』、『機動破壊の秘策』、『機動破壊の解析力』、『高校野球は親が9割』、『超強豪校』、
    『激戦区を勝ち抜く方法』『実戦プレー問題』(すべて小社)など著書多数。

なぜ「あと1アウト」から逆転されるのか [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:田尻 賢誉(著)
発行年月日:2019/08/16
ISBN-10:4801919766
ISBN-13:9784801919761
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:271ページ
縦:19cm
横:13cm
厚さ:2cm
重量:330g
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 なぜ「あと1アウト」から逆転されるのか [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!