恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために 改版 (角川文庫) [文庫]
    • 恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために 改版 (角川文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年8月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003163323

恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために 改版 (角川文庫) [文庫]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年8月25日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2019/01/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために 改版 (角川文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「愛と情熱とを皆さんはいつも区別して考えて下さい。愛とは意志であり忍耐であり努力です」。「恋愛に破れたら、時の流れを信頼しましょう」。純愛が陥りがちな危険な罠、男性が恋人に求めるもの、恋人に幻滅する瞬間、そして恋愛に必要な技術とは―。古今東西の文学を通じて語られる恋愛観は、時代を越えて読む者の胸を打つ。いま恋愛に振り回されている人も、終わった恋に苦しんでいる人も、繰り返し読みたい恋愛論の名著。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    愛の生理;恋愛する男の心理・女の心理;男性研究;愛の技術
  • 出版社からのコメント

    初めて人を愛する貴女へ。
  • 内容紹介

    愛についてのエッセイ・方法論は数多い。本書は豊かな恋愛経験と古今東西の文学に精通する作者が、わかりやすく男女間の心の機微を鋭く解明した、全女性必読の愛のバイブル。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    遠藤 周作(エンドウ シュウサク)
    1923年東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。リヨン大学に留学。55年『白い人』で第33回芥川賞を受賞。66年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞受賞他、数多くの文学賞を受賞。著書等多数。96年没
  • 著者について

    遠藤 周作 (エンドウ シュウサク)
    一九二三年東京生まれ。慶応大学仏文科卒業。リヨン大学に留学。一九五五年『白い人』で第三十三回芥川賞を受賞。一九六六年『沈黙』で第二回谷崎潤一郎賞受賞他、数多くの文学賞を受賞。主な著書に『沈黙』『海と毒薬』『恋愛とは何か』『ぐうたら生活入門』『宿敵』等多数。

恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために 改版 (角川文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:遠藤 周作(著)
発行年月日:2019/01/25
ISBN-10:4041073251
ISBN-13:9784041073254
判型:A6
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:183ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 恋愛とは何か―初めて人を愛する日のために 改版 (角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!