応用のための積分幾何学―図形の測度:道路網・市街地・施設配置 [単行本]
    • 応用のための積分幾何学―図形の測度:道路網・市街地・施設配置 [単行本]

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003163609

応用のための積分幾何学―図形の測度:道路網・市街地・施設配置 [単行本]

価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:近代科学社
販売開始日:2019/08/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 168258位

応用のための積分幾何学―図形の測度:道路網・市街地・施設配置 の 商品概要

  • 目次

    第1部 理論編
    1.積分幾何学の基礎概念
    2.直線の集合の測度
    3.Croftonの公式
    4.Croftonの定理
    5.図形の集合の測度
    6.Blaschkeによる積分幾何学の主公式
    7.格子図形
    第2部 応用編
    8.道路網と交差点
    9.橋の相対的密度
    10.市街地の分析
    11.都市領域の距離分布
    12.開放性の尺度・Croftonの定理1の拡張
    13.Croftonの定理2の応用
    14.2つの円領域と交わる一様な直線の集合の測度
    15.公園等の面的施設配置
    16.円周掘削とU 型掘削
  • 出版社からのコメント

    積分幾何学の基礎となる数学的概念と都市解析の応用事例を詳述する専門書
  • 内容紹介

    都市を数理的に解析する!
    本書は、第1部で積分幾何学が初学者にも分かるよう解説。特に合同変換による不変な測度を基礎にした部分を,順を追って説明する。第2部は積分幾何学を使った応用事例として市街地の分析や道路網・施設配置など都市解析に役立つ例を詳述する。「都市」を数理的に解析する研究者には必読の書である。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    腰塚 武志(コシズカ タケシ)
    1944年埼玉県熊谷市生まれ。1966年東京大学工学部都市工学科卒業。1968年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。1969年東京大学助手。1978年筑波大学助教授。1990年筑波大学教授。2004年国立大学法人筑波大学理事・副学長。2009年筑波大学退職、筑波大学名誉教授。同年南山大学理工学部教授。2012年‐2014年日本OR学会会長。2015年南山大学退職
  • 著者について

    腰塚 武志 (コシヅカ タケシ)
    筑波大学名誉教授

応用のための積分幾何学―図形の測度:道路網・市街地・施設配置 の商品スペック

商品仕様
出版社名:近代科学社
著者名:腰塚 武志(著)
発行年月日:2019/07/31
ISBN-10:4764905930
ISBN-13:9784764905931
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:数学
言語:日本語
ページ数:218ページ
縦:21cm

    近代科学社 応用のための積分幾何学―図形の測度:道路網・市街地・施設配置 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!