春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた(コレクション日本歌人選〈073〉) [単行本]
    • 春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた(コレクション日本歌人選〈073〉) [単行本]

    • ¥1,43043ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003167382

春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた(コレクション日本歌人選〈073〉) [単行本]

価格:¥1,430(税込)
ポイント:43ポイント(3%還元)(¥43相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:笠間書院
販売開始日: 2019/07/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた(コレクション日本歌人選〈073〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「われわれは一人の若い定家を持つたのである」と三島由紀夫にいわしめた建の生涯を追う。『未青年』を超える世界が現れた最終歌集『朝の水』を読んだら、三島はなんというだろう。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    大空の斬首ののちの静もりか没ちし日輪がのこすむらさき
    童貞のするどき指に房もげば葡萄のみどりしたたるばかり
    海鳴りのごとく愛すと書きしかばこころに描く怒涛は赤き
    ミケランジェロに暗く惹かれし少年期肉にひそまる修羅まだ知らず
    火祭りの輪を抜けきたる青年は霊を吐きしか死顔をもてり
    狼少年の森恋ふ白歯のつめたさを薄明にめざめたる時われも持つ
    火の剣のごとき夕陽に跳躍の青年一瞬血ぬられて飛ぶ
    行き交へる男女が一瞬かさなれるはかなき情死をうつす硝子戸
    ヴェニスに死すと十指つめたく展きをり水煙りする雨の夜明けは
    両の眼に針射して魚を放ちやるきみを受刑に送るかたみに〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    水原 紫苑(ミズハラ シオン)
    1959年神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。86年、「中部短歌会」に入会。以後、春日井建に師事。89年、第一歌集『びあんか』により第34回現代歌人協会賞受賞。第三歌集『客人(まらうど)』で第1回駿河梅花文学賞受賞。第四歌集『くわんおん(観音)』で第10回河野愛子賞、第七歌集『あかるたへ』で第5回山本健吉賞・第10回若山牧水賞、17年、「極光」30首で短歌研究賞を受賞。18年、『えぴすとれー』で第28回紫式部文学賞受賞
  • 著者について

    水原 紫苑 (ミズハラ シオン)
    1959年神奈川県横浜市生まれ。神奈川県立横浜翠嵐高等学校、早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻修士課程修了。86年「中部短歌会」に入会。以後、春日井建に師事。89年第一歌集『びあんか』により第34回現代歌人協会賞受賞。第三歌集『客人(まろうど)』で第1回駿河梅花文学賞受賞。第四歌集『くわんおん(観音)』で第10回河野愛子賞。第七歌集『あかるたへ』で山本健吉賞・若山牧水賞。17年、「極光」30首で短歌研究賞を受賞。18年、『えぴすとれー』で紫式部文学賞受賞。

春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた(コレクション日本歌人選〈073〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:笠間書院
著者名:水原 紫苑(著)
発行年月日:2019/07/25
ISBN-10:4305709139
ISBN-13:9784305709134
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学詩歌
言語:日本語
ページ数:119ページ
縦:19cm
他の笠間書院の書籍を探す

    笠間書院 春日井建―「若い定家」は鮮やかにそののちを生きた(コレクション日本歌人選〈073〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!