語りの底に-臨床文化精神医学論考 [単行本]

販売休止中です

    • 語りの底に-臨床文化精神医学論考 [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
100000009003168540

語りの底に-臨床文化精神医学論考 [単行本]

価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
日本全国配達料金無料
出版社:金剛出版
販売開始日:2019/08/06
ご確認事項:返品不可

語りの底に-臨床文化精神医学論考 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「精神と文化は不即不離の関係にある。文化は精神の表現であるとともに、精神は文化に強く規定されている」―医療人類学者アーサー・クラインマン、精神医学者ハリー・S・サリヴァン、哲学者マルティン・ハイデガー、精神科医中井久夫、数学者岡潔との対話、生きた精神科臨床の経験と考察を通して、心的外傷、レジリアンス、憑依、非定型精神病、治療文化論、地域文化精神医学、診断体系論を根源から問い直す。日々繰り広げられる臨床と考察が織り成す、人間精神の深層に迫る臨床文化精神医学論考。
  • 目次

    第1部 序論
    クラインマン『ケアをすることの意味』

    第2部 サリヴァン精神医学論
    鵺的症候のサリヴァン精神医学的考察
    社会体の歪みと心的外傷―対話的民族誌とサリヴァンの発生学的精神医学による把握

    第3部 治療文化論
    治療文化論再考―個人症候群をめぐって
    個人症候群再考―ヤップ文化精神医学への回帰
    レジリアンスと地域文化精神医学
    文化精神医学を地域に生かす
    非定型精神病とは何か―アイヌのイムからの考察
    荻野恒一はどのように文化を精神医学に取り込んだのか

    第4章 臨床言語論
    憑依の背後にあるもの
    語りの地層
    ハイデガー『言葉への途上』を読む

    第5部 結論
    岡潔のこと

    解題
    地貌と流謫/江口重幸
  • 内容紹介

    「精神と文化は不測不離の関係にある。文化は精神の表現であるとともに、精神は文化に強く規定されている」――医療人類学者アーサー・クラインマン、精神医学者ハリー・S・サリヴァン、哲学者マルティン・ハイデガー、数学者岡潔との対話、生きた精神科臨床の経験と考察、心的外傷、レジリアンス、憑依、非定型精神病との出遭い、治療文化論、地域文化精神医学、診断体系論への根源的な問い。日々繰り広げられる臨床と考察、江口重幸による解題「地貌と流謫」が織り成す、文化精神医学の深層に迫る臨床文化精神医学論考。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大月 康義(オオツキ ヤスヨシ)
    1952年北海道旭川市生まれ。北海道大学理学部数学科、札幌医科大学卒業。北見赤十字病院。現在、大月クリニック院長

    江口 重幸(エグチ シゲユキ)
    1951年東京都北区生まれ。現在、東京武蔵野病院

語りの底に-臨床文化精神医学論考 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:金剛出版
著者名:大月 康義(著)
発行年月日:2019/08/20
ISBN-10:4772417133
ISBN-13:9784772417136
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:306ページ
縦:20cm

    金剛出版 語りの底に-臨床文化精神医学論考 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!