犬たちの江戸時代(草思社文庫) [文庫]
    • 犬たちの江戸時代(草思社文庫) [文庫]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年5月17日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003172337

犬たちの江戸時代(草思社文庫) [文庫]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年5月17日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:草思社
販売開始日: 2019/08/03
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

犬たちの江戸時代(草思社文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「江戸に多いもの、伊勢屋稲荷に犬の糞」と落語でネタにされるほど、江戸には犬が多かった。犬はいつから増えたのか?なぜ犬の糞は放置されたのか…。さまざまな史料に散らばる犬関連の記述を丹念に拾い集め、江戸時代の犬の生態を精査。時の将軍の意向に翻弄されながらも懸命に生きた犬たちの姿を描く傑作歴史読み物。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 花のお江戸は犬ばかり―「伊勢屋稲荷に犬の糞」の謎
    第2章 江戸初期の犬事情(一)―犬食い
    第3章 江戸初期の犬事情(二)―御鷹餌犬と鷹狩り
    第4章 「犬」―虐げられた言葉
    第5章 綱吉登場、増え続ける江戸の犬
    第6章 「犬は遠くへ捨てなさい」
    第7章 犬たちの文明開化
  • 内容紹介

    花のお江戸は犬ばかり。
    家康時代から幕末まで、犬たちの波瀾の歴史を描く傑作読み物。

    「江戸に多いもの、伊勢屋稲荷に犬の糞」と落語でネタにされるほど、江戸には犬が多かった。
    犬はいつから増えたのか?
    なぜ犬の糞は放置されたのか……。

    さまざまな史料に散らばる犬関連の記述を丹念に拾い集め、江戸時代の犬の生態を精査。
    時の将軍の意向に翻弄されながらも懸命に生きた犬たちの姿を描く傑作歴史読み物。
    『伊勢屋稲荷に犬の糞』改題。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    仁科 邦男(ニシナ クニオ)
    1948年東京生まれ。70年、早稲田大学政治経済学部卒業後、毎日新聞社入社。下関支局、西部本社報道部、『サンデー毎日』編集部、社会部などを経て2001年、出版担当出版局長。05年から11年まで毎日映画社社長を務める。名もない犬たちが日本人の生活とどのように関わり、その生態がどのように変化してきたか、文献史料をもとに研究を続ける。ヤマザキ動物看護大学で「動物とジャーナリズム」を教える(非常勤講師)
  • 著者について

    仁科 邦男 (ニシナ クニオ)
    仁科 邦男(にしな・くにお)
    1948年東京生まれ。70年、早稲田大学政治経済学部卒業後、毎日新聞社入社。下関支局、西部本社報道部、『サンデー毎日』編集部、社会部などを経て2001年、出版担当出版局長。05年から11年まで毎日映画社社長を務める。名もない犬たちが日本人の生活とどのように関わり、その生態がどのように変化してきたか、文献史料をもとに研究を続ける。ヤマザキ動物看護大学で「動物とジャーナリズム」を教える(非常勤講師)。著書に『九州動物紀行』(葦書房)、『犬の伊勢参り』(平凡社新書)、『犬たちの明治維新 ポチの誕生』『西郷隆盛はなぜ犬を連れているのか』(いずれも草思社)がある。

犬たちの江戸時代(草思社文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:草思社
著者名:仁科 邦男(著)
発行年月日:2019/08/08
ISBN-10:4794224087
ISBN-13:9784794224088
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:270ページ
縦:16cm
その他:『伊勢屋稲荷に犬の糞』改題書
他の草思社の書籍を探す

    草思社 犬たちの江戸時代(草思社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!