刑事訴訟法の思考プロセス [単行本]
    • 刑事訴訟法の思考プロセス [単行本]

    • ¥3,850116ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年4月22日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
刑事訴訟法の思考プロセス [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003175089

刑事訴訟法の思考プロセス [単行本]

価格:¥3,850(税込)
ポイント:116ポイント(3%還元)(¥116相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年4月22日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本評論社
販売開始日: 2019/10/01
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

刑事訴訟法の思考プロセス [単行本] の 商品概要

  • 目次

    第1章 刑事訴訟法の目的とその基本思想

    第2章 捜査法の基本的な思考プロセス

    第3章 行政警察活動に対する法的規律とその思考プロセス

    第4章 任意処分に対する法的規律とその諸問題

    第5章 憲法35条から導かれる捜索・差押えの基本的な思考プロセス

    第6章 令状主義の趣旨と要請から導かれる法的規律と適法性判断の
        視点を活用する

    第7章 令状主義から導かれる逮捕に伴う無令状捜索・
        差押えに対する法的規律

    第8章 強制処分を統制する規律としての強制処分法定主義、
        そして令状主義

    第9章 被疑者の身体拘束制度とその諸問題

    第10章 憲法33条の令状主義と逮捕に対する法的規律

    第11章 逮捕・勾留に関する諸原則を活用する思考プロセス

    第12章 被疑者取調べに対する法的規律の現状とその問題点

    第13章 被疑者の防御権の内容とその制限の適法性判断
        ――弁護人依頼権を題材として

    第14章 公訴の提起・追行とその規制

    第15章 協議・合意制度の構造と手続

    第16章 訴因論の思考プロセスとその活用1――訴因の特定

    第17章 訴因論の思考プロセスとその活用2――訴因変更の要否

    第18章 公判前整理手続と証拠開示

    第19章 証拠法の基本的思考プロセス1

    第20章 証拠法の基本的思考プロセス2
        ――「関連性」と証拠能力の判断プロセス

    第21章 証拠法の基本的思考プロセス3
        ――刑訴法320条1項の適否を判断する思考プロセス

    第22章 証拠法の基本的思考プロセス4
        ――刑訴法321条以下の伝聞例外規定を活用する

    第23章 証拠法の基本的思考プロセス5
        ――違法収集証拠排除法則の基本的思考プロセスとその活用

    第24章 証拠法の基本的思考プロセス6
  • 出版社からのコメント

    2016年刑訴法改正に対応。標準的な法学部生向けのテキスト。 刑事訴訟法の考え方を思考プロセスから学ぶ工夫にあふれた新機軸。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    斎藤 司(サイトウ ツカサ)
    龍谷大学法学部教授。1978年徳島県生まれ。2001年九州大学法学部卒業。2006年九州大学大学院法学府民刑事法学専攻博士後期課程単位取得退学。愛媛大学法文学部総合政策学科専任講師。2009年龍谷大学法学部准教授。2014年ゲッティンゲン大学客員研究員(~2015年)。2015年博士号(法学)取得(九州大学)。2016年龍谷大学法学部教授
  • 著者について

    斎藤 司 (サイトウ ツカサ)
    龍谷大学教授

刑事訴訟法の思考プロセス [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本評論社
著者名:斎藤 司(著)
発行年月日:2019/10/05
ISBN-10:4535524378
ISBN-13:9784535524378
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:422ページ
縦:21cm
他の日本評論社の書籍を探す

    日本評論社 刑事訴訟法の思考プロセス [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!