患者目線の医療改革 [単行本]
    • 患者目線の医療改革 [単行本]

    • ¥2,80885ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月19日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003178599

患者目線の医療改革 [単行本]

価格:¥2,808(税込)
ポイント:85ポイント(3%還元)(¥85相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月19日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2019/09/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 20611位

患者目線の医療改革 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    日本の医療はすばらしい。だからこそ、残された課題がある!13回の入院、11回の手術経験があり、日経アナリストランキング3年連続1位の著者が、医療サービスを受ける当事者の視点から、いま手掛けるべき医療改革の具体策を示す。
  • 目次

    第1章 今、日本の医療はどうなっているのか?

    第2章 医療制度の全体像を知る

    第3章 日本の医療の特徴

    第4章 一貫して機能分化が進んできた医療改革

    第5章 残された課題を考える
      
    第6章 ビジネスの視点

    第7章 介護保険と介護ビジネス

    第8章 財政逼迫時に何が起きるか

    第9章 私の提言

    終 章 患者へのアドバイスと、有権者として考えてほしいこと
  • 出版社からのコメント

    3年連続日経ランキング総合1位の気鋭のアナリストが、患者側のまなざしで読み解く、医療・ヘルスケア改革の見取り図。
  • 内容紹介

    我が国医療のどこが問題なのか? 何を変え、何を維持していくべきか?
    日本を代表するアナリストが、長年の患者経験と広範な分析から示す、医療改革の見取り図。

    ○「医療崩壊」という言葉に象徴されるように、
    日本の医療の持続可能性が問題視されてきている。
    医療改革については様々な論者が提言を行っている。
    しかし、患者、健常者、保険料を一部負担している企業、医療従事者、政府など、
    立場や人生経験などの違いによって、望ましい医療像は大きく異なる。
    このため、医療制度改革を論じようとしても、なかなかかみ合わない。

    ○医療改革を論じた書物も多数あるが、
    ①分析的だが学術的で一般読者には難解、
    ②特定のテーマに焦点を絞りすぎている、
    ③医療現場などからのケーススタディ報告、
    ④政策当事者からみた財源論に焦点を当てたものが多く、
    幅広く国民もしくは患者目線で、わかりやすく全体像を鳥瞰した本は意外に少ない。
    医療制度とは税制改革論議に似ており、「これが正しい」という正解はない。
    本来ならば、どうやって国民的合意を形成するかが重要なのにもかかわらず、
    考えるヒントとなる本は限られている。

    ○著者は、23年間、野村総合研究所並びにみずほ証券で、
    ヘルスケア分野(医療介護分野)を担当する証券アナリスト業務に携わってきた。
    「日経ヴェリタスアナリストランキング」では、医薬品ヘルスケア分野で2014年から17年まで、
    中・小型株分野では16年、17年、18年、
    全アナリストを対象としたアナリスト総合ランキングでは15年から17年まで、
    それぞれ1位を獲得するなど、日本を代表するアナリストの一人。

    ○そのような経歴とは裏腹に、著者は異なる疾患で
    11回これまで手術経験(先天的疾患、頚椎脱臼骨折、不整脈)をしてきた。
    患者の立場からも医療現場を長年観察してきており、
    アナリストの視点と患者の視点を融合した独自の「医療観」を持っている。

    ○本書では、①日本の医療、介護保険制度の特徴と長所、問題の所在、
    ②制度改革がどのように進められてきているか。その妥当性と課題、
    ③患者目線、国民目線で見る時に、医療革改革論議に対してどのような視点を持つべきか、
    ④技術革新などを踏まえた近未来の医療やビジネスの可能性と課題、リスク要因について述べる。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    渡辺 英克(ワタナベ ヒデカツ)
    1966年生まれ、東京都出身。90年慶應義塾大学経済学部卒業、株式会社野村総合研究所入社。95年よりヘルスケア分野の企業調査に従事。2000年みずほ証券株式会社入社、ヘルスケアセクター担当シニアアナリスト、19年4月よりエクイティ調査部長を兼務。18年より中央大学ビジネススクール客員教授。15年から17年まで「日経ヴェリタス」紙の人気アナリストランキング企業アナリスト総合部門で3年連続1位獲得
  • 著者について

    渡辺 英克 (ワタナベヒデカツ)
    みずほ証券エクイティ調査部長兼シニアアナリスト。ヘルスケア及びサービスセクターを担当。
    1990年、慶應義塾大学経済学部卒、野村総合研究所入社。98年野村證券に転籍。2000年に興銀証券(現みずほ証券)に転職、ヘルスケアを担当。2017年日経アナリストランキングのアナリストの総合評価部門で3年連続の首位となる。

患者目線の医療改革 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:渡辺 英克(著)
発行年月日:2019/09/06
ISBN-10:4532358299
ISBN-13:9784532358297
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:264ページ
縦:20cm

    日本経済新聞社 患者目線の医療改革 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!