婆娑羅太平記 道誉と正成(集英社文庫(日本)) [文庫]
    • 婆娑羅太平記 道誉と正成(集英社文庫(日本)) [文庫]

    • ¥92428ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003180405

婆娑羅太平記 道誉と正成(集英社文庫(日本)) [文庫]

価格:¥924(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2019/09/20
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 13497位

婆娑羅太平記 道誉と正成(集英社文庫(日本)) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    時は鎌倉末期。後醍醐天皇率いる軍勢が挙兵し、倒幕の機運が高まっている。強い者につく変節漢としてののしられても己の道を貫いた「バサラ大名」佐々木道誉。そして、天皇への忠節を貫いて華々しく散り、愛国の士としてもてはやされる「悪党」楠木正成。この国の未来を案じ、乱世を治めるべく闘った両雄の行く末は―。この国の礎が築かれた南北朝史に熱き一石を投じる大シリーズ、堂々開幕!!
  • 出版社からのコメント

    南北朝時代。流通を制し乱世を渡ったバサラ大名・佐々木道誉、頭脳と戦術を持った悪党・楠木正成。両雄の運命を描く長編歴史小説。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    安部 龍太郎(アベ リュウタロウ)
    1955年福岡県生まれ。図書館に勤務するかたわら、短編で日本全史を網羅した『血の日本史』で90年デビュー。2005年『天馬、翔ける』で第11回中山義秀文学賞、13年『等伯』で第148回直木賞を受賞。著書多数

婆娑羅太平記 道誉と正成(集英社文庫(日本)) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:安部 龍太郎(著)
発行年月日:2019/09/25
ISBN-10:4087440206
ISBN-13:9784087440201
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:452ページ
縦:16cm
横:11cm
厚さ:2cm
重量:239g

    集英社 婆娑羅太平記 道誉と正成(集英社文庫(日本)) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!