社会保障再考 〈地域〉で支える(岩波新書) [新書]
    • 社会保障再考 〈地域〉で支える(岩波新書) [新書]

    • ¥90228ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月2日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003181853

社会保障再考 〈地域〉で支える(岩波新書) [新書]

価格:¥902(税込)
ポイント:28ポイント(3%還元)(¥28相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月2日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:岩波書店
販売開始日: 2019/09/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

社会保障再考 〈地域〉で支える(岩波新書) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    社会保障の真のあり方を再考し、今後、持続可能にするには?社会的に孤立したり、生活に困窮している人への各地での「相談支援」が、新たな可能性を育んでいる。それらを明らかにし、法律や社会保障制度のなかに位置づけながら、その先にある新たな“地域”づくりにも注目する。未来への希望が見えてくる本。
  • 目次

    はじめに
     社会保障の持続可能性/この本がめざすもの/社会保障法という法分野


    第1章 持続がむずかしい社会保障
     1 財政と人口
      高齢化のなかで/新たに法律をつくる/結婚,子育てから人口を考える/国家による推奨にならないように/より本質的な持続可能性の基盤
     2 家族,企業,地域が変わっていく
      社会保障の法的な定義/「すこやかで安心できる生活」/家族によるvi扶養/企業による福祉/雇用保障の強化/住宅手当からみる問題点/費用負担者としての企業/被用者保険の適用を拡大/地域の脆弱化と希薄化


    第2章 何のための社会保障か
     1 「自律」支援,「自立」支援
      社会保障の目的/「自律」とは/保護から主体へ/認知症の人の生き方/発達障害のある子どもの成長/自律に向けた支援/「自立」とは/プロセスへの着目
     2 生存権に限界はあるのか
      憲法二五条/給付中心だったが/主体としての人間/「個人の自律の支援」/なぜ相談支援か
     3 支える人はいるのか
      社会的な共感と連帯/共同体の強調と新たな排除の危険性/互恵性に開かれた人間像/折々にみずからの生き方を修正できること/尊重されるべきこと/多元的な保障手段


    第3章 何が変わってきているのか
     1 伝統的な社会保障のとらえ方
      貧民救済と労働者保険/社会保険から社会保障へ/所得を保障する/その後の発展
     2 社会的包摂と,個人のニーズへの対応
      経済発展がもたらしたもの/発達や成長に向けた支援/児童手当から子ども個人の手当へ/「孤立」を打開/相談支援の重要性/個別のニーズに合わせた手続的な保障/犯罪被害者,矯正施設退所者,DV被害者,がん患者などさまざまな人へ/生活困窮者自立支援法


    第4章 社会保障は誰のためのものか
     1 不信感と不公平感
      財政への不安/医療分野での社会への包摂支援/最適水準保障の医療/高額薬剤をどう扱うか/介護保険改革/学生の感覚/思想の欠如/公平とは/世代間の不公平/社会的弱者の側の不公平感/中間層以上の不公平感/後期高齢者支援金の重荷/介護保険にも総報酬割/税制面での扱い/普遍的な子ども・子育て支援を/恩恵を実感できる仕組みを
     2 地域共生社会の構想
      障害者をめぐる法制度/地域包括ケアシステム/地域力強化に向けて/地域福祉の推進/地域づくりの視点
     3 生活困窮者自立支援法がもたらしたもの
      「生活困窮者」の定義の拡がり/一人ひとりの状況に応じた自立相談支援事業/就労に向けた準備/住まいを提供/家計の管理支援/子どもの学習支援

    第5章 相談支援
     1 法によるサポート
      生活保護制度にはあったが/相談支援の先鞭/支援と自律の緊張関係/支援の給付化/支援を受ける権利/権利と専門性の相克/協働の必要性/支援は押しつけか/支援会議の設置/協同的意思決定/相談支援の法的規整/コストに向き合う/むずかしい政策効果/情報の共有に向けて
     2 さまざまな主体のかかわり
      社会保障の拡がり/国の役割/地域自治の役割/タテ割り行政の打破/まち・ひと・しごと創生法/自治体間の格差/支援者の専門性
     3 事業の位置づけ
      従来の「事業」/新たな「事業」の展開/政策理念をとらえにくい/国や地方自治体の責任


    第6章 地域再構築
     1 地域を再生,再構築することの意義
      地域の変遷/我が事,丸ごと/縦割りから「丸ごと」へ/「引きこもり」青年との出会い/寄港地のような存在/浪江町のまちづくり/さまざまな困難を引き受ける/誰もが利用するかもしれない
     2 多層性の魅力
      社会保障と地域/断らない相談支援/「共にあること」で十分/地縁型コミュニティ/重層型コミュニティへ/新しい地縁型?/住民の責務とは/誘導型の手法で/支援の多層性
     3 継続的で多角的な支援
      「地域を絶えず耕し続けること」/石巻市の復興団地を取りまとめて/支援と自発性・自律性/看護と福祉の協力/首都圏の「地方」での実践/現役世代のかかわり/公的年金の財政は/地域経済への貢献/年金委員と年金事務所/権利擁護と成年後見
     4 地域志向型議論の射程
      財政的基盤の確保/まちづくりの必要性/都市部と地方部

    おわりに 社会保障制度の再構築に向けて
      いままで考えてきたこと/世代的に融和するためには/高齢者医療制度の問題点/介護保険との統合/障害者への差別禁止/恒常的な議論の場をつくる/さまざまな世代とともに


    主要参考文献

    あとがき
  • 出版社からのコメント

    社会から孤立している人達への「相談支援」,そこでの住民と行政による新たな〈地域〉づくりから社会保障の未来を考える
  • 内容紹介

    いま社会保障制度を持続可能にするには、どうしたらいいのか。全国各地で始まっている、生活に困窮したり、社会から孤立している人たちへの「相談支援」が育む可能性を明らかにし、そこで生まれている住民と行政による新たな〈地域〉づくりを社会保障制度、そして法律の中に位置づけていく。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    菊池 馨実(キクチ ヨシミ)
    1962年、北海道札幌市生まれ。北海道大学大学院法学研究科博士課程修了(博士(法学))。大阪大学助教授を経て、早稲田大学法学学術院教授

社会保障再考 〈地域〉で支える(岩波新書) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:岩波書店
著者名:菊池 馨実(著)
発行年月日:2019/09/20
ISBN-10:4004317967
ISBN-13:9784004317968
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会
言語:日本語
ページ数:224ページ
縦:18cm
他の岩波書店の書籍を探す

    岩波書店 社会保障再考 〈地域〉で支える(岩波新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!