月と星の還るところ―紫微国妖夜話(小学館文庫キャラブン!) [文庫]
    • 月と星の還るところ―紫微国妖夜話(小学館文庫キャラブン!) [文庫]

    • ¥61619ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年9月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003182800

月と星の還るところ―紫微国妖夜話(小学館文庫キャラブン!) [文庫]

価格:¥616(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年9月22日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2019/10/04
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

月と星の還るところ―紫微国妖夜話(小学館文庫キャラブン!) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    まれにみる“ツイてない”男・梁脩徳が、奇跡的に科挙に登第して紫微国西方にある侶州の知州職を拝命してからしばらくの月日が流れた。僻地とはいえ、知州はその土地の最高権力者。皇帝の覚えもめでたいと、任命当初は大喜びだった脩徳だが、蓋をあけてみれば侶州は妖怪・幽鬼が跋扈する妖しい土地だった!元来の不運体質も相まって、赴任早々怪事件に巻き込まれ、妖しいものたちに絡まれた脩徳。一刻も早く他州へ転任したいと願うが、癖の強い部下たちだけでなく、曲者の皇帝にも振り回されっぱなし。皇帝にも魑魅魍魎にも愛される男の運命やいかに!?
  • 内容紹介

    若き役人の周囲にはあやかしがいっぱい!?

    紫微国の西の果てにある侶州の役人として任地へ赴いた脩徳は、そこが「太陽と月が眠るところ」と呼ばれる辺境で、さらには魑魅魍魎が跋扈する土地だと知って、すっかり意気消沈してしまう。そもそも脩徳は昔から運の悪い男だった。彼の人生には、まるで何かに取り憑かれたように、次々と間の悪い不幸が押し寄せる。しかしそれこそが、脩徳が(本人の意思に反して)人外の者たちに愛されてしまう理由でもあるのだった。
    さて、若くして国の難関試験を通過した脩徳は、ときの皇帝にまで篤く目をかけられたエリートのはずなのだが、今日も今日とて赴任先では人外のモノたちに絡まれて、およそ平穏とはかけ離れた生活を送っていた。
    ある日、侶州における幕僚でもある生意気な少年――実際には数百年を生きる遊翼の虎――である天祥利らとともに紫微国の都から侶州へ戻る道すがら、脩徳は許郷という城市に逗留することになった。そこで生まれて初めて賭場へ足を踏み入れた脩徳は、不幸体質を発動して賭けに大負けしてしまう。借金のカタに真夜中に開かれる「鬼市」へ潜入することになった脩徳と祥利は……。
    絶品中華ファンタジー、怒濤の第2弾!



    図書館選書
    紫微国の西の果てにある侶州は「太陽と月が眠るところ」と称される僻地。そんな魑魅魍魎が跋扈する土地へ赴任してきた役人・梁脩徳は根っからの不運体質で、とにかく困った連中にばかり気に入られてしまう……。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮池 貴巳(ミヤイケ タカミ)
    東京都出身。立教大学文学部卒。別名義でライトノベル作品なども手がける

月と星の還るところ―紫微国妖夜話(小学館文庫キャラブン!) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:宮池 貴巳(著)
発行年月日:2019/10/09
ISBN-10:4094066926
ISBN-13:9784094066920
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:221ページ
縦:15cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 月と星の還るところ―紫微国妖夜話(小学館文庫キャラブン!) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!