工学系の基礎力学―公式の意味を知る [単行本]

販売休止中です

    • 工学系の基礎力学―公式の意味を知る [単行本]

    • ¥2,75083ポイント(3%還元)
工学系の基礎力学―公式の意味を知る [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003184488

工学系の基礎力学―公式の意味を知る [単行本]

価格:¥2,750(税込)
ポイント:83ポイント(3%還元)(¥83相当)
フォーマット:
日本全国配達料金無料
出版社:裳華房
販売開始日: 2019/10/11
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

工学系の基礎力学―公式の意味を知る [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    章の始めに「学習目標」と「キーワード」、章末問題の前に「まとめ」を設けた。出発点を、用語の意味が理解できることと、力の図示ができるところから始めた。数学的な取扱いの説明に関しては、本文中において初出のところで基本的なところから解説し、必要最小限の数学にとどめた。式展開はできるだけ式変形が理解できるように段階的に行い、その本質を説明する図および解説を併記して理解しやすいようにした。例題は、本文を理解するために必要な基本的なものを選んだ。類題には、現実的な数値で計算を行う問題も取り入れて、実際の物理量を単位と共に実感できるようにした。章末問題は、例題や類題に収まりきらないが一度は解いておくべき問題の他、腕試しができるように少し高度な問題も含めた。
  • 目次

    1.運動の例
    2.運動の表し方(1次元)
    3.運動の表し方(3次元)
    4.運動方程式
    5.振動現象
    6.運動量
    7.仕事と力学的エネルギー
    8.保存力と位置エネルギー
    9.衝 突
    10.質点の回転運動
    11.剛体の運動
    12.固定軸をもつ剛体の回転運動
    13.剛体の慣性モーメント
    14.重心から見た剛体の運動
    15.見かけの力
  • 出版社からのコメント

    工学部の学生を対象に、「この結果・この考え方で本当に良いのかを自問自答し、改めて考えてみる」スタイルで執筆された教科書。
  • 内容紹介

     本書は、工学部の初学年向けに行ってきた、著者の長年の講義経験に基づいて執筆された力学の教科書・参考書である。
     物理に苦手意識や不安を感じている学生でも基礎的なところから一つずつ理解を積み重ねていけるように、また逆に、基礎的なことばかりでは満足できない学生もその興味や意欲を失わないように、それぞれの習熟度に応じて学習できることを目指して執筆されている。
     本書が、物理を修得したいという人たちの一助になれば幸いである。

    図書館選書
    著者の長年の講義経験に基づいて執筆。物理に苦手意識を感じている学生でも一つずつ理解を積み重ねていけるように、また基礎的なことばかりでは満足できない学生もその興味や意欲を失わないように、習熟度に応じて学習できる。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田村 忠久(タムラ タダヒサ)
    神奈川大学工学部物理学教室教授。1988年東京大学理学部卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。東京大学宇宙線研究所研究員、神奈川大学助手・助教授・准教授等を経て現職。専門は宇宙線物理学
  • 著者について

    田村 忠久 (タムラタダヒサ)
    神奈川大学教授、博士(理学)。1988年 東京大学理学部卒業、東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。東京大学宇宙線研究所研究員、神奈川大学助手・助教授・准教授等を経て現職。専門は宇宙線物理学。主な著書に『理工系の物理学入門(スタンダード版)』(裳華房)などがある。

工学系の基礎力学―公式の意味を知る [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:裳華房
著者名:田村 忠久(著)
発行年月日:2019/10/05
ISBN-10:4785322691
ISBN-13:9784785322694
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:物理学
言語:日本語
ページ数:209ページ
縦:26cm
横:18cm
厚さ:1cm
重量:502g
他の裳華房の書籍を探す

    裳華房 工学系の基礎力学―公式の意味を知る [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!