都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応(東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ〈7〉) [単行本]
    • 都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応(東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ〈7〉) [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003184741

都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応(東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ〈7〉) [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:早稲田大学
販売開始日:2019/08/27
ご確認事項:返品不可

都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応(東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ〈7〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    臨海地域は日本の生命線である。石油コンビナート、高圧ガス設備、空港など重要施設が集中する都市臨海地域を地震・津波などの自然災害から守る具体策を提言。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1章 増大する自然災害と気候変動(風水害の増大
    近年の地震・津波災害(2001~2018) ほか)
    2章 臨海部産業施設の脆弱性と強靱化(既往地震・津波・高潮による臨海部産業施設の被害
    危険物施設などの耐震設計と課題―耐震基準の変遷 ほか)
    3章 国・自治体の施策と課題―臨海部産業施設の強靱化(国土強靱化基本法
    津波防災地域づくり ほか)
    4章 空港の自然災害リスクと強靱化(既往地震・津波・高潮による空港被害
    空港の地震リスク評価 ほか)
    5章 臨海部産業施設の新しい耐震性評価手法―計算力学による強靱化の実践(計算力学とは
    産業施設強靱化への計算力学の活用(2011年東北地方太平洋地震後))
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    濱田 政則(ハマダ マサノリ)
    早稲田大学名誉教授、(一財)産業施設防災技術調査会代表理事、特定非営利活動法人国境なき技師団会長、アジア防災センター・センター長

都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応(東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ〈7〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:早稲田大学出版部
著者名:濱田 政則(編著)
発行年月日:2019/08/20
ISBN-10:4657190164
ISBN-13:9784657190161
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:土木
ページ数:166ページ
縦:21cm

    早稲田大学 都市臨海地域の強靱化―増大する自然災害への対応(東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ〈7〉) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!