在野研究ビギナーズ―勝手にはじめる研究生活 [単行本]
    • 在野研究ビギナーズ―勝手にはじめる研究生活 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003186138

在野研究ビギナーズ―勝手にはじめる研究生活 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:明石書店
販売開始日:2019/09/03
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 16123位

在野研究ビギナーズ―勝手にはじめる研究生活 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「大学に属してませんけど、なにか?」在野の研究者に資格はいらない。卒業後も退職後も、いつだって学問はできる!最強の学者くずれたちによる現役のノウハウが、ここに結集。
  • 目次

    序 あさっての方へ

    第一部 働きながら論文を書く

    第一章[政治学] 職業としない学問[酒井大輔]
    第二章[法学] 趣味の研究[工藤郁子]
    第三章[批評理論] 四〇歳から「週末学者」になる[伊藤未明]
     インタビュー1 図書館の不真面目な使い方 小林昌樹に聞く
    第四章[生物学] エメラルド色のハエを追って[熊澤辰徳]
    第五章[活字研究] 点をつなごうとする話[内田明]

    第二部 学問的なものの周辺

    第六章[専門なし] 新たな方法序説へ向けて[山本貴光+吉川浩満]
    第七章[民俗学] 好きなものに取り憑かれて[朝里樹]
    第八章[文学研究] 市井の人物の聞き取り調査[内田真木]
    第九章[宗教学] センセーは、独りでガクモンする[星野健一]
    第一〇章[文学研究] 貧しい出版私史[荒木優太]
     インタビュー2 学校化批判の過去と現在 山本哲士に聞く

    第三部 新しいコミュニティと大学の再利用

    第一一章[専門なし] 〈思想の管理〉の部分課題としての研究支援[酒井泰斗]
    第一二章[共生論] 彷徨うコレクティヴ[逆卷しとね]
    第一三章[哲学] 地域おこしと人文学研究[石井雅巳]
     インタビュー3 ゼロから始める翻訳術 大久保ゆうに聞く
    第一四章[哲学] アカデミアと地続きにあるビジネス[朱喜哲]

     在野のための推薦本
  • 内容紹介

    「在野研究者」とは、大学に属さない、民間の研究者のことだ。だれでもいつでも、学問はできる。現役で活躍するさまざまな在野研究者たちによる研究方法・生活を紹介する、実践的実例集。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    荒木 優太(アラキ ユウタ)
    1987年東京生まれ。在野研究者(専門は有島武郎)。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。2015年、第59回群像新人評論優秀賞を受賞
  • 著者について

    荒木 優太 (アラキ ユウタ)
    1987年東京生まれ。在野研究者(専門は有島武郎)。明治大学文学部文学科日本文学専攻博士前期課程修了。2015年、第59回群像新人評論優秀賞を受賞。著書に『これからのエリック・ホッファーのために――在野研究者の生と心得』(東京書籍)ほか、『貧しい出版者』(フィルムアート社)、『仮説的偶然文学論』(月曜社)、『無責任の新体系』(晶文社)など。

在野研究ビギナーズ―勝手にはじめる研究生活 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:明石書店
著者名:荒木 優太(編著)
発行年月日:2019/09/01
ISBN-10:4750348856
ISBN-13:9784750348858
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:286ページ
縦:19cm

    明石書店 在野研究ビギナーズ―勝手にはじめる研究生活 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!