国宝ロストワールド―写真家たちがとらえた文化財の記録 [単行本]
    • 国宝ロストワールド―写真家たちがとらえた文化財の記録 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003188655

国宝ロストワールド―写真家たちがとらえた文化財の記録 [単行本]

  • 5.0
価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月11日土曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2019/10/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

国宝ロストワールド―写真家たちがとらえた文化財の記録 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    明治・大正・昭和に撮影された全33枚の国宝写真。土門拳、入江泰吉、小川晴暘ら21人の写真家たちの名作で綴る!
  • 目次

    目次 CONTENTS

    はじめに 国宝ロストワールドへようこそ! 岡塚章子 4

    1 日光東照宮 唐門 横山松三郎 8
    2 法隆寺 夢殿 横山松三郎 10
    3 東大寺 大仏 横山松三郎 12
    4 名古屋城 天守 横山松三郎 16
    5 長谷の大仏 フェリーチェ・ベアト 18
    6 平等院 三枝守富 20
    7 東大寺大仏殿 日下部金兵衛 24
    8 知恩院三門 アドルフ・フォルサーリ 28
    9 法隆寺金堂 釈迦三尊像 小川一眞 30
    10 興福寺 東金堂集合仏像 小川一眞 32
    11 興福寺 無著菩薩立像 小川一眞 36
    12 彦根城 光村利藻/光村写真部 38
    13 興福寺 阿修羅像 工藤利三郎 40
    14 法隆寺 玉虫厨子 工藤利三郎 41
    15・16 東宮御所 小川一眞 44・45
    17 首里城 正殿 鎌倉芳太郎 48
    18 中宮寺 菩薩半跏像 小川晴暘 64
    19 新薬師寺 伐折羅大将像 小川晴暘 66
    20 法隆寺金堂壁画 第六号壁 佐藤浜次郎 68
    21 日本観光写真壁画 小石清、木村伊兵衛、渡辺義雄ほか 70
    22 観心寺 如意輪観音菩薩像 佐藤辰三 72
    23 神護寺 薬師如来立像 辻本米三郎 74
    24 高松塚古墳西壁面 女子像全図 大八木威男 76
    25 法隆寺五重塔北面侍者像 坂本万七 78
    26 室生寺弥勒堂釈迦如来坐像衣文 土門拳 80
    27 神護寺 薬師如来立像 土門拳 81
    28 平等院鳳凰堂 土門拳 84
    29 東大寺戒壇堂 広目天像 入江泰吉 88
    30 西の京の秋 入江泰吉 90
    31 秋深き法起寺 入江泰吉 92
    32 薬師寺 薬師如来坐像の足裏 藤本四八 96
    33 唐招提寺 講堂内部の天井 渡辺義雄 98

    解説1
    文化財撮影の歴史を切り拓いた3人の写真師の物語 岡塚章子 50

    解説2
    国宝と闘った写真家たち 金子隆一 100

    KOKUHO COLUMN

    写真を用いた文化財調査の嚆矢・壬申検査 14
    大蔵省がつくった『国華餘芳』とは? 23
    外国人土産に大人気! 「横浜写真」とは? 27
    文化財指定の礎となった近畿宝物調査 35
    小川一眞と小川晴暘 47
    土門拳“走る仏像”全文掲載 87
    太平洋戦争中の国宝の疎開 95

    用語解説 金子隆一 110
  • 内容紹介

    名写真家たちが捉えていた今はなき国宝の姿

    明治5年、新政府による文化財調査、いわゆる「壬申検査」を機に、様々な機会に撮影されてきた国宝の写真。昭和に入ってからは、多くの著名写真家たちも、作品の被写体として国宝を数多く撮影し、自身の創作意欲や芸術性を投影してきました。
    本書は、明治、大正、昭和に撮影された国宝の写真を、写真史上の意義も踏まえて解説し、掲載するものです。
    これらの写真の中には、文化財整備のゆき渡った現代とは違う姿でとらえられた荒廃した国宝の姿や、第二次世界大戦の戦火の中で消失した国宝も多く、“失われた時代の貴重な国宝の姿”をみることができる写真が多数含まれています。
    記録としての写真の時代から芸術作品としての写真の時代へ。写真家たちはいかに国宝に対峙し、どのような苦労と創意のもとに国宝を撮影してきたのか。その歴史を順を追ってたどることで、国宝の新たな魅力に邂逅し、文化財としての国宝の数奇な運命をも知ることができる、貴重な一冊。
    折しも2020年は文化財保護法制定70周年の記念すべき年。文化財保護への関心が高まる中、是非とも愛読いただきたい書です。


    【編集担当からのおすすめ情報】
    1950年の文化財保護法制定から70年を迎える2020年、様々な場面で、文化財保護、国宝保護への機運の高まりがみられると思われます。
    また、この文化財保護法誕生のきっかけとなった、法隆寺金堂壁画の消失から今年(2019年)で70年でもあることから、奈良国立博物館では12月7日から「重要文化財 法隆寺金堂壁画写真ガラス原板」と題する特別展が開催予定。
    本書内でも取り上げている「法隆寺金堂壁画」写真は、まさに“国宝ロストワールド”の象徴的存在であり、展覧会会場でも本書が注目されることが期待されます。

    土門拳の幻の名作エッセイ「走る仏像」全文掲載あり。

    日本写真史を知る上での貴重な挿図28点を掲載。

    図書館選書
    『週刊ニッポンの国宝100』の連載「写された国宝」より33回分の写真と原稿を流用。明治30年の古社寺保存法によって誕生した「国宝」がどのように記録され、どのように保存されてきたかを知る上で貴重な1冊。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡塚 章子(オカツカ アキコ)
    1963年東京都生まれ。東京都江戸東京博物館都市歴史研究室長・学芸員。博士(芸術学)。東京都写真美術館、東京都庭園美術館を経て現職。展覧会を企画・担当。2012年日本写真協会賞学芸賞、2015年美連協カタログ論文賞優秀論文賞受賞

    金子 隆一(カネコ リュウイチ)
    1948年東京都生まれ。写真史家。1988年より東京都写真美術館専門調査員として数多くの展覧会を企画。2019年日本写真協会賞国際賞受賞

    説田 晃大(セツダ コウダイ)
    1971年奈良県生まれ。入江泰吉記念奈良市写真美術館・奈良市美術館学芸員

国宝ロストワールド―写真家たちがとらえた文化財の記録 の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:岡塚 章子(著)/金子 隆一(著)/説田 晃大(著)
発行年月日:2019/10/30
ISBN-10:4093887225
ISBN-13:9784093887229
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:写真・工芸
言語:日本語
ページ数:111ページ
縦:21cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 国宝ロストワールド―写真家たちがとらえた文化財の記録 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!