演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版 [単行本]
    • 演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009003191040

演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:丸善出版
販売開始日: 2019/10/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    著者が大学で実際に使用している講義資料・教材をベースに、学生がどこでつまずくのか、どういった質問があったのかなどを内容に反映し、改良を重ねてまとめた演習書。“有機化学”の基礎である有機化合物の構造式、示性式、名称、性質、基本反応とその反応機構をきちんと身につけるために、立屋敷哲著『生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版』の問題に、著者が大学で実際に受けた学生の質問に答える形で、問題の考え方や解き方を解説した演習形式のスタディガイド。また、本書オリジナルの問題を補充しているので、他の教科書で学習する際の自習演習書としても活用できます。
  • 目次

     <学習達成目標・学習チェック項目>

    1 章 最も簡単な化合物、構造式の書き方と構造異性体
    2 章 飽和炭化水素(Saturated Hydrocarbon)アルカン(Alkane)
    3 章 13種類の有機化合物群について理解すること・頭に入れること
    4 章 簡単な飽和有機化合物:アルカンの誘導体
    5 章 不飽和有機化合物
    6 章 芳香族炭化水素とその化合物
    7 章 生体物質とのつながり
    8 章 原子構造と化学結合

     <学習のまとめ> 複雑な化合物の見方と有機化合物の反応のまとめ/13種類の有機化合物群の性質と反応のまとめ
  • 内容紹介

    高校で化学を履修しなかった人をはじめ、大学入学後、専門基礎として有機化学を初めて学習する必要がある学生の理解度が上がり、十分に役立ち活用できる自習演習書。 すでに多くの大学で教科書採用をいただいている『生命科学・食品学・栄養学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 補訂版』 をベースに、学生がどこでつまずくのか、どういった質問があったのかなどを内容に反映し、改良を重ねてまとめている。 とことん自分で読んで理解できるように懇切丁寧な説明が特徴。 多くの学生からの質問を読むことで自分の理解度が上がり、本書を何回も繰り返し学習することで確実に基礎が身につき、その後の研究への土台をしっかり確立することができるだろう。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    立屋敷 哲(タチヤシキ サトシ)
    女子栄養大学名誉教授、理学博士。1949年福岡県大牟田市生まれ。1971年名古屋大学理学部卒。研究分野:無機錯体化学、無機光化学、無機溶液化学

演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版 の商品スペック

商品仕様
出版社名:丸善出版
著者名:立屋敷 哲(著)
発行年月日:2019/10/30
ISBN-10:4621304194
ISBN-13:9784621304198
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:化学
言語:日本語
ページ数:143ページ
縦:26cm
横:18cm
他の丸善出版の書籍を探す

    丸善出版 演習 生命科学、食品・栄養学、化学を学ぶための有機化学 基礎の基礎 第3版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!